7月15.16日の日程で、米沢市農村文化研究所において「森のムッレ教室指導者養成講座」を開催しました。

子ども達にわかりやすい科学的視点から楽しく森を案内できるようになるために、わたし達も楽しく学びました。

15日
まずは身近なアリやクモの観察から。


次は草花の観察。

写真は ゲンノショウコ
乾燥させ、煮出すと胃のクスリになるそうです。

クルミの木の葉っぱの裏にゲンジボタルを発見。


桑の葉っぱの大きさ比べ。



写真は ママコノシリヌグイ。
とげがあっていかにも継子いじめな感じです。

カタバミの葉っぱは酸があるので、10円玉がきれいになりました。


ムッレ誕生のお話しをピクチャーシアターで聞く。


自然の道クイズで、学んだことを楽しく復習。


ムッレさん登場!!
コリコック!


16日
野外炊飯は野菜のスープとねじりパン。

中にソーセージを入れて。
とってもおいしかったです!

班ごとの発表。
かわいいムッレさん登場!


2日で20時間の講座というハードスケジュールでしたが、実に充実した2日間でした。
今後の保育に活かしていきます。
楽しみです
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.17 Tue l ●たけの子からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/tb.php/97-4b5ef70b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)