FC2ブログ
12月13日(火)
保護者さんにお母さん先生になってもらって、子どもたちはクリスマスリース作り。
星さんのお婆ちゃんに先生になってもらって、保護者さんはしめ縄作り。

それぞれ、ひとつひとつがとてもすてきに仕上がりました。

ひとりが雪のことを砂糖だ砂糖だとおもしろがっていると、別の子が「さとうじゃないよ。ゆきだよ!」となんべんいっても聞いてくれなくて、とうとうけんかに発展。
砂糖じゃない!っていうことも言いたかったし、なによりも話を聞いてほしかったんだよね。
理由もなしにはたいたりしない子だもん。
2学期後半になって、慣れてきて、遠慮もなくなっている。いろんなことがおきるけど、そこから何か学べれば、それでいい。
むしろ、ぶつかり合えるっていいことだとおもう。
関連記事
スポンサーサイト



2016.12.13 Tue l ●保育日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/tb.php/703-e9b504f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)