2月2日(月)
今日は六郷コミュニティセンターで味噌作りのための麹作り。
8回やったので午前だけで終わらなくて、午後もやりました。
子どもたち、けっこうがんばった…!
おいしい味噌をおうちに持ってかえるためによく働きました。


お弁当を食べたあとは、雪遊び!
やっぱりこれがないとねー。



2月3日(火)
今日は節分給食。恵方巻きと味噌汁作りです。
具は、シイタケ、凍み豆腐、人参を煮たものと、青菜、ツナを合わせたもの、そしてかんぴょう。


今日はリンゴの皮むきにも挑戦。
お母さんたちは簡単にむいてるけど、けっこう難しいね。


恵方巻き、おいしくって、さねくん、しゅうすけくん、かほちゃんは3本食べちゃった。
しゅうすけくん、しいたけキライといっていたけど、いつの間にか食べちゃっていたね。
なっちゃん、ことむくん、そらくんは2本。りあむは1本。
しかも残すとオニにつれてかれちゃうから、最初の1本と味噌汁はみんな完食…!


ご飯を食べたあと、オニさん登場!
りあむくんが危うく連れて行かれそうになったけど、みんな、オニと戦ってやっつけることができました。


終わりの会の絵本は「ももたろう」。ももたろうもオニを退治できてよかったね。


2月4日(水)
朝の会の後は雪遊び。


しゅうすけくん、さねはるくん、そらくんは、できそうなところを見つけて、土手でソリ滑り。スピードが出ると転がって止まる。ブレーキのかけ方上手になったね。


りあむくん、なっちゃんは 土手の上まで一人の力で登りました。一歩一歩が大変だけど雪山歩きが楽しくなったみたい
新雪ふんで歩くことは気持ちいいし運動になる。

かほちゃんは つららを見つけたり、寝そべったり、青く見える雪を見つけてなめたりして、雪を楽しんでいました。


体を沢山動かした後はおやつ 手作りりんごケーキとみたらし団子を食べました。



2月5日(木)
今日はバスの乗り方を志賀さんに教えてもらいました。
なぜシートベルトを締めるのか!どうして大きい声で話していけないのか!等々沢山教えてもらい、みんな真剣に聞いていました。


その後は川原まで散歩。
ともおさんも一緒だったのでちょっと遠くまで行って見ました。
つららも発見。川でつらら?
子ども達は見つけるの名人だね。



2月6日(金)
朝から、志賀さんとけんちゃんと宮崎パパが、あおぞら館北に積もった雪をどけてくれたので、お部屋が明るくなりました。
子ども達はあおぞら周辺で雪遊び。
土手でのソリ滑りはこぶがある急な所をスリルを味わう大胆なものになってきました。ブレーキをかける転び方上手になってきたからね。


そこに今日はことむくんも参戦。自分で滑れそうな所を選んで大胆に滑りました。


りあむくん、ソリを持って土手を途中まで昇りがんばりました。

女の子は雪山で「ありのまま」を歌う約束をしてました。
かほちゃんが気持ちよく歌っていました。


大きい組はお昼まで戦いごっこやレストランごっこで遊びました。


2月9日(月)
大寒波の中、味噌作り。
それぞれの家庭で煮てきた豆を機械でスリつぶし、おうちで育てた麹とまぜまぜ。そして大きなお団子にして味噌樽に入れる。
この行程を全部で11回。
子どもたちも麹と豆を混ぜる作業を楽しんでました。


以外とスムーズに作業が進み、午前中で完了。

午後はふかふかの雪でたっぷり遊びました。



2月10日(火)
行きのバスの中で、かほちゃんとネイル屋さんごっこ。
クレヨンで爪を染めてもらいました。

この冬一番の寒波のせいで湯沸かし器からツララが出てました。


朝の会の後、今日は別のところでソリ滑りしよう、と、上杉神社へ。
新雪のふかふかの雪はあまり滑らなかったけど、それがちょうどよかったです。
大型ソリに大きい子3人で乗って大はしゃぎでした。



2月12日(木)
自然学校の準備の為おもいで館に行って来ました。
広い体育館でボール遊びに夢中。なかなか朝の会が進まず…。少しだけ卒園式ですることの話をしました。
小さい子はそのまま体育館でボール遊び。大きい子は外に出て探検(近くの玉庭保育所まで行って来ました)そこで少し遊びおもいで館に帰ってお弁当でした。


帰りのバスの中でせっちゃんからハンカチマジックを教えてもらい、子どもたちも挑戦!
あれ?おかしいな…。せっちゃんのは本当に動いてたのにね。



2月16日(月)
朝、あおぞら館についた途端、うれしいニュースが飛び込んできました!
佐藤家に3番目の赤ちゃん(しかも女の子!)が昨日の夜無事生まれました!
よかったねー。

さねはるくんもことむくんも本当にうれしそうでした。こっちゃんはちょっとお兄ちゃんになったように見えました。
お昼ご飯の時、ちゃーんとひとりで食べれたものね。

雪遊びの後、お店屋さん給食の準備に突入!


今年はハンバーグとコロッケと餃子というメニュー。
それとスープと白玉のデザート。
うーん…。なんだかこねて作るものばかり…。しかも出来上がりがなんだか茶色い…。
でも、一年間給食で作ってきたものの中から子どもたちが選んだものだから、いいよね。
餃子やスープの中は野菜たっぷりだものね。

子どもと保護者とスタッフ総勢20人分。
ハンバーグの玉ねぎ切りがハンパない。


大人も少し手伝いながらも、なんとかかんとか、子ども中心に準備を進めました。
途中、プロパンガスが切れるというアクシデントもあったりして、ドタバタだったけど、なんとか1時にようやく出来上がり、お店屋さんを開くことができました。


値段設定も子どもたち。
台所に並べた食べ物を紙のお財布とお金を持ってお母さんたちが買いにきてくれました。


そして、おいしい!とたくさん食べてくれました。
交替して、子どもたちもお金を使ってお買い物。
持ってるお金をどうやって使おうか、それぞれ考えてやってました。


どれもこれもおいしくて、お腹まんぷく!みんないい顔してました。



2月17日(火)
川西町玉庭の玉庭保育所に遊びにいきました。
遊戯室でごあいさつ。


その後、大きい子4人はみんなと一緒に雪遊び。

小さい子3人は室内遊び。たけの子にはないままごとやレゴがあったものねー。

大きい子達は雪遊びに慣れている玉庭の子どもたちと一緒に遊べて楽しそうでした。


かほちゃんは最初からなじんでましたが、男の子たちは最初なかなかなじめませんでした。でも、帰り支度をしながら、今度来たときは、玉庭の男の子たちとまた雪遊びをしたい、と次を楽しみにしているようでした。

お昼ご飯の時にお当番さんがごあいさつをしたり、みんなで歌を歌ってから食べたりすることにちょっと勝手が違い目をシロクロ。
たけの子では子どもたちの自主性を大切にしているので、自由度が高いですが、たまにはこういう交流も刺激になっていいですね。
どこにいっても柔軟に対応できるようになれるといいなと思いました。


2月18日(水)
あめこんこん、ゆきこんこんの歌をみんなで歌いました。
みんなは自分の家の前にはたんと雪がふってほしいんだって

そのあとはかまくら作り。
大人が穴を広げ、子どもが雪運び。


でも、いつの間に雪運びが電車ごっこに


おひな様のお着物にする千代紙を選んだあとはオヤツ。
今日のオヤツはサッチーの手作りきな粉クッキーとりんごとおせんべい。


終わりの会の絵本はおおさむこさむでした。


2月19日(木)
朝の会はかまくらの中で。
4月にやった「ありがとう」の詩とたけのこめ出したの歌を歌いました。
みんなで、狭い中でえっさえっさえっさっさで、ジャンケンポン!

そのあとは、雪合戦。
志賀さん対子どもたち。


雪の中に投げ出されたりして、身体ごと飛んでいって、おもしろかったね。

高く積まれた雪捨て場の頂上からそりでいっきにすべりおりたのもおもしろかったです。

ご飯のあとは、中と外にわかれて遊びました。


中へ帰ってきてびっくり。
廊下にいっぱいオモチャが…。
部屋の中では静かな遊びということになっているのですが、中々そうはいかないようです

オマケ
バスの中で、ネイルごっこ。



2月20日(金)
英会話教室で、英語の歌を歌いながら動物さんに変身!


今日の新しい言葉は食べ物でした。好きな食べ物を英語で言えたかな…?
最後のゲームはダックス&グース。追いかけっこ楽しかったね。

あおぞら館への帰り道、ことむくんと大切なお話し。
このごろ大人に怒られてばかりのことむくんは、自信をなくしていたみたい。
でもね。大好きだから怒るんだよ。どうでもよかったら怒らないよ。
わたしもね、小さいころよくお母さんに怒られた。
雪の日に裸足で外に出されたこともあるし、よく、ほっぺたを殴られたよ。
こっちゃんのこときらいだから怒るんじゃないんだよ。
そしたらこっちゃん、「うそだー」って小さい声で言った。
ホントだよ。お父さんもお母さんも、そしてね、知ってる?わたしもこっちゃんのこと大好きだよ。
そしたら、こっちゃん、笑ってくれた。
…涙がでちゃった。
子どもの時のこと、思い出したのかな…。
小さなこっちゃんのようやく話してくれた悲しみを感じたのかな…。
その時、バスの中は本当に賑やかで、子どもたちの無邪気な歓声が響いてた。

あおぞら館に戻ってから、雪遊び。雪が溶けて少し固まってきたから、すごーく滑ったね。
まだまだ雪は多いけど、春が近づいているんだね。



2月23日(月)
卒園式の園児の発表に向けて本格的に練習開始!
「ありがとう」の詩をありがとうの気持ちが相手に届くように届けたい人を決めてふたつのグループにわけてやってみました。

今日は年齢別活動の日。
大きい子たちは、川へお散歩。
でも、もう春が近づいているんだね。
大きなザラメみたいな氷の雪でした。
川も雪どけか始まっているのか、ほんのすこし水かさが増えていました。
そこをジャブジャブ進む子どもたち。


さんざん遊んでズボンもビショ濡れ。
あおぞら館に戻ってきて、「もう、川にいかない!」と。
思いっきり入るからでしょー。


2月24日(火)
朝の会の後はおひなさま作り。
厚紙に銀と赤の折り紙を貼って土台を作り、芯を立て着物を着せました。
着物は以前に選んでいた折り紙を切ったり貼ったり。はさみとのりとセロテープを使いました。
細かい作業なので途中休憩し、遊んでから再会。
それぞれのペースで進めました。
食後は上衣を着せて今日の作業はおしまい。
女の子も男の子も作っていると華やかに変化するのでうれしい気持ちになっていました。
明日は顔を作ります
仕上がり楽しみです。


2月25日(水)
朝の挨拶の前にひな人形作りの続き。


お顔までつけると本当に個性がわかります。


お雛様とお内裏様の顔を見つめ合わせたり、そっぽ向かせたり…。
お目々をつぶらせたり、ニコニコ顏にしたり。
なんとなく、それぞれのおうちのお父さんとお母さんに似ているね。


今日はお琴をきこう!の日でした。
八段の演奏を聞いたり、宮城道雄さんが作った子ども向けの曲も聞いたね。


そのあと、ひとりひとり、お琴に触らせてもらって、ドキドキしたし、楽しかったね。


こっちゃんは、どこから音がでているのか、興味シンシン。
どこかに線がつながっていると思って一生懸命さがしていました。



2月26日(木)
今日も少し卒園式の練習。「ありがとう」の詩の朗読を聞いてくれた松本さんと熊田さんに「ありがとう」の気持ちは届いたかな?

今日から3日間、佐賀出身の京都の学生、カズがボランティアに来てくれました。
子どもたちは大喜び。だけど、少しおだちすぎ…。


友夫さんはクロスカントリー用のスキー板を履いて、雪の上をスイスイ。


子どもたちはそれを追って田んぼの上をカンカン渡り。気がついたら成島の方まで歩いていた。


行って帰るとちょうどお昼ごはんでした。

午後からは松本さんのお話しの会。


でも、今日はなんだか落ち着かない…。
こんなんで卒園式大丈夫なんだろうか…


2月27日(金)
久しぶりの雪。まだまだ冬は終わっていなかった。

楽しかった英会話も今年度最後。
今日は身体の名前を英語で教えてもらいました。


移動のバスの中で、卒園式の発表について説明をしました。
今年もいつもやっている歌と朗読を組み合わせて劇にしました。

あおぞら館に帰ってからは、卒園児製作。
かほちゃんはお茶碗に、しゅうすけくんはマグカップに好きな絵を描いてレンジで焼いて出来上がり。
それぞれとても個性的ないい作品ができました。

ご飯を食べてからは、劇の練習。
流れは初めてやったけど、いつも歌っている歌や覚えている詩だから、けっこうスムーズにできたね。
お客さんになってくれたカズと熊田さんにほめられちゃった。



関連記事
スポンサーサイト
2015.03.17 Tue l ●保育日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/tb.php/602-58253a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)