今日の参加者は38名プラス スタッフ6名でした。
定着してきたせいか、参加者が増えてきてとてもうれしいです

米沢市梓山にあるソトデアソビタイベシタに到着後、焚火、工作、音楽の各ブースに別れ、それぞれ活動開始!

わたしは工作担当。
でも、基本は子どもに体験させること。
あまり手だし口出しはしない。
本物の木に釘を打つのは初めて、という子がほとんど。
曲がったり、思うように釘が入っていかなかったり、と悪戦苦闘。
でも、それがいいんだよね。


焚火の活動も同じ、試行錯誤しながら木に火をつけていきます。


今の子どもたちは常に意味あるものを求められる。
だって夢中になると何かがひらめいてくることあるよね。あっ、そうだ!って。
そんな時、子どもはすごく集中するし、いい顔してる。
そんな体験をより多くさせたいなって思います。

今日は、米沢は暑いくらいでした。
なので、もう無理かなと思っていた川遊びもすることができました。
大きなソリがカヌーのかわりです。


昔、カワガキという言葉があったそうです。
それくらい、子どもたちにとって、川は身近な存在だったのですね。


お昼のお好み焼き、おいしかった~!
でも、ちょっと、足りなかったかな…。


大谷さんの太鼓はやっぱりプロ!
かっこよかったです


何時間もかけて作ったバームクーヘンはあっという間にみんなのお腹の中に…。




わたしたちスタッフの知らないところで、志村さんがアロマのハンドマッサージをしてくれてたそうで…。
いたれりつくせりでありがとうございます。

何か特別に物を作ったり、イベントの企画なんかもないけれど、子どもたち自ら遊びを発見して行ってくれて、自然の中で自然に遊んでくれました。
今日の問題は、子どもたちの食欲に食材がおいつかなかったってことでした。
来月は10月5日に稲刈りをします。
それもまた楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.14 Sat l ●たけの子自然学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/tb.php/220-9e8e6fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)