卒園式での絵本の朗読。

せっちゃんが志賀さんの贈り物の本を読んでくれた。
小さい木が大きくなっていく話し。

感動の内容なんだけど、あれ…?
せっちゃんの足元…。

みんなと違うスリッパだよ…。
もしや○○○のスリッパでは…



やっぱり、せっちゃんはせっちゃんでした。
スポンサーサイト
2014.03.24 Mon l ●ゆかいな仲間(スタッフ)小話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
御礼が遅くなり、皆様申し訳ありません。
震災から早3年。まだ、3年…。
福島の現状はよくなっているとは言えないとわたしは思います。
それぞれの選択があっていいはずです。
そして、それぞれの選択に誇りをもって欲しいです。
真剣に悩み、下した結論はそれぞれ尊いものです。

皆様のご厚意に心より感謝申し上げます。

・白山市立松任西幼稚園PTA様
・渡部鋭幸様
・塚野正亘様
・高橋紀夫様
・大貫友夫様
・CHAYAマクロビ様
2014.03.22 Sat l ●ご支援のお願いと御礼 l コメント (0) トラックバック (0) l top
早坂さん、志賀さんと打ち合わせしてた時、ちょっと中座。

後から、「気づかないの??」って…。
なにが??

「手帳、わかんないのー?」

…。

そういえば、あれ? 泣いてたっけ…。
あ、でも、サカナつれなくてないてんだ~。って思ったら…!!

こらー!
人の手帳にラクガキするなー!!

2014.03.22 Sat l ●ゆかいな仲間(スタッフ)小話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
すくすくたけの子は未就園児の親子サークルです。
放射能の影響の少ないあおぞら館周辺(たけの子活動拠点)で思いっきり遊んでみませんか?
たけの子では活動場所の測定を様々行っております。
秋には自生のキノコをCRMSで測定してもらいましたが、NDでした。
ご心配なことはいつでもお尋ねください。

また、毎週金曜日10時から10時半まで幼児向け無料英会話教室も行っています。

◇日にち:4月9日(おやつ作り)、4月23日(お散歩)、5月8日、22日、6月12日、26日
◇集合場所:国体記念体育館北側駐車場(8時40分)、イオン駐車場(9時)
◇日 程:8時40分国体記念体育館出発→9時イオン駐車場→10時米沢市あおぞら館(農村文化研究所敷地内)着→おやつ→わらべうた、外遊び等
※避難者の方は直接現地にお越しいただくか、米沢市内であればバスの送迎もいたします。
◇持ち物:雪遊びできる服装、着替え、甘くない飲み物、軽食
◇定 員:親子10組
◇参加費:親子1組300円
※任意で、日帰り保険ひとり200円(又は年間保険ひとり800円のスポーツ保険)
◇申し込み先:以下、青空保育たけの子辺見までメールかお電話でお申し込みください。
◇申し込み締め切り:それぞれの活動日の前日まで(日帰り保険に入る場合は3日前までにお願いします)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
NPO法人青空保育たけの子 辺見妙子
080-3347-7126(softbank)
tae-elyzion@mbg.nifty.com
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2014.03.22 Sat l ●すくすくたけの子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年度は5人のスタート!!
楽しみです

・4月5日(土)始業式・入園式
・4月9日(水)すくすくたけの子
・4月12日(土)たけの子自然学校
・4月14日(月)給食
・4月17日(木)読み聞かせ
・4月19日(土)福島活元会
・4月23日(水)すくすくたけの子
・4月24日(木)給食
2014.03.22 Sat l ●保育予定/カレンダー l コメント (0) トラックバック (0) l top
あおぞら館たよりの4月号ができした。春の予感満載です

あおぞら館 おたより4月号←PDFファイルでこちらからご覧になれます

2014.03.18 Tue l ●たけの子からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
あおぞら館たよりの4月号ができした。春の予感満載です

あおぞら館 おたより4月号←PDFファイルでこちらからご覧になれます
2014.03.18 Tue l ●たけの子からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回は寒くてかわいそうでしたが、あの寒さの中でみんなが作ってくれたキセキのスープで2人は生き返りました。(親子ともどもたけの子ファンです)

子どもたちはそりすべりに夢中になって、たのしみました! パン作りもとても楽しく美味しかった
(3人の母)

あいにくの天気でしたが、子どもは関係なし。特ににわとりにハマってましたが、なかなか触れ合える事もないので良い体験が出来ました。(6歳男子の母)
2014.03.17 Mon l ●利用者の声 l コメント (0) トラックバック (0) l top
青空保育たけの子のお店→クリックでネットショッピングへ移動できます。

●支援絵手紙 筆の里工房絵手紙インストラクター公認講師 寺島良子画(福島県福島市在住)
●手作り絵本「たべものってなんでだいじなの?」
2014.03.15 Sat l ●青空保育たけの子のお店 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Qu’est-ce que « Aozora-hoiku » ?

Appelé « l’école maternelle de la forêt» ou « l’école maternelle du grand air », la base de notre école est que les enfants s’amusent dans la nature en se servant de leur cinq sens : vue, ouïe, goût, odorat et toucher.


Qu’est-ce que notre idée

Les enfants, mais aussi les parents et les éducateurs, évoluent en perfectionnant leur cinq sens dans la nature, sans oublier de respecter l’instinct et la spontanéité des enfants.
Nous faisons aussi très attention à l’expression des enfants comme : pleurer, rire, se fâcher.
Et surtout nous souhaitons que les enfants apprennent que chaque personne est unique et a une existence précieuse dans ce monde.
Nous apprenons le plaisir de bouger et d’utiliser le corps, car le physique que chaque enfant construit en jouant toute la journée dans la nature deviendra leur capital et aidera à établir sa confiance en soi.
En résumer, la vie dans la nature oblige les enfants à réfléchir et se débrouiller tout seul


Adresse du bureau : 41-3 Shibakiri Toyanoaza Fukushimashi Fukushima JAPON
         Tél : 024-545-0535/080-3347-7126
         Représentante : Taeko Henmi
         E-mail : tae-elyzion@mbg.nifty.co
m

Adresse de l’école maternelle : 71-32 Nishifujiizumi Rokugoucho Yonezawashi Yamagataken
         NPO Nouson bunka Kenkyujo / Aozorakan
         Tél : 0238-37-5362
         Site : http://www.noubunken.com/


〈Histoire〉
  04-11-2008 : ouverture de la crèche « Aozora Hoiku groupe Niji» 1 fois par semaine.
  18-12-2008 : changement du nom « Aozora Hoiku Takenoko ».
  14-02-2009 : présentation d’un film « temps des enfants ».
  10-04-2009 : cérémonie d’entrée de l’école maternelle « Aozora Hoiku Takenoko ».
  04-2010 : changement du nom « Aozora Youjien Takenoko ».
  10-2011 : ouverture de la crèche SATELLITE à Yonezawa Yamagata .
  22-11-2012 : réunion pour la fondation de « NPO Aozora Hoiku Takenoko ».
  04-04-2013 : Fondation de « NPO Aozora Hoiku Takenoko ».
2014.03.13 Thu l 【French】 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Q. What is Aozora Nursery?

A. This nursery is regarded as a ‘nature nursery school’ or a ‘field nursery’. This aims to carefully nurture children with the main focus being on field activities.


Q. What is purpose of Aozora Nursery School Takenoko?

A. The principal purpose of Aozora Nursery School Takenoko is to nurse and express guardianship. The children have many invaluable opportunities to play outside whilst interacting with others. The joys of playing in the field bring them not only physical strength but confidence and happiness. We hope the children will grow with a great sense of responsibility for others and themselves, determining their individuality along the way.


〈Location〉 41-3 Shibakiri Toyanoaza Fukushimashi Fukushima Japan
         Tel: 81-(0)24-545-0535
         Representative: Taeko Henmi

Satellite Nursery
  Location〉 71-32 Nishifujiizumi Rokugoucho Yonezawasi Yamagata Japan
         NPO Study of Agriculture and Culture (Former Hiroizato Nursery School)
         Tel: 81-(0)238-37-5362
         http://www.noubunken.com/

〈History〉
  4.11.2008 Some of the guardians started a temporal nursery once in a week, named ‘Aozora Kinder Garden Rainbow Group’.
  18.12.2008 Changed its name into ‘Aozora Kinder Garden Takenoko’.
  14.02.2009 Started to show self-made movies
  10.04.2009 Introduced the membership of the Kinder Garden. The initial members attended the freshers’ ceremony.
  04.2010 Changed the name into ‘Aozora Nursery Takenoko’.
  10.2011 Started the ‘satellite nursery’ in Yonezawa City.




2014.03.13 Thu l 【English】 l コメント (0) トラックバック (0) l top
第23回たけの子自然学校のお知らせと募集です。

前回は雪の中の野外炊飯という過酷な環境でしたが、それだけに心に残る活動になりました。
吹雪の中できあがった奇跡のスープは絶品でした!

今回は、昨年たけの子の畑で採れたこんにゃく芋でこんにゃくを作る予定です。
まだ、1年しかたっていないので、ちっちゃいですが、たぶんできると思うので…。
みんなでおいしく食べましょう!
&自然観察をします。米沢の春を一緒に見つけましょう。

◇日時:4月12日(土)
8時半:福島国体記念体育館集合(無料送迎バス)→
10時:米沢市あおぞら館→こんにゃく作り&自然観察
12時:昼食→14時まで自由遊び、終わりの会→14時半米沢発→16時ごろ福島着予定。
※現地集合、現地解散可(山形にお住まいの方もぜひご参加ください)
◇持ち物:まだ雪があると思いますので防寒具、甘くない飲み物、エプロン、三角巾
◇参加費:大人1,500円(昼食代込み)、18歳以下の子ども無料
(お子さんだけでの参加の場合は大人の参加費をいただきます)
※任意ですが、日帰り保険ひとり200円、又は年間保険ひとり800円の保険加入をお勧めしています。申込みの際に合わせてお申し込みください。
◇申込み先:以下の連絡先までお早目にご連絡ください。

※たけの子自然学校は毎月第2土曜日に開催しています。次回は5月10日(土)の予定です。
※今まで支援いただいた団体〔子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク〕〔東日本大震災復興支援財団〕、また個人の方々に心より感謝申し上げます。
※青空保育たけの子は〔ふくしま連携復興センター〕〔山形復興ボランティア支援センター〕「やまがた避難者支援協働ネットワーク〕のMLに登録し情報を共有し活動しています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
NPO法人青空保育たけの子 辺見妙子
080-3347-7126(softbank)
tae-elyzion@mbg.nifty.com
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2014.03.13 Thu l ●たけの子自然学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今までで一番過酷な自然学校でした

でも、その分、刺激的で心に刻まれた活動になりました。

福島市の穏やかな気候とはうってかわって、米沢市は雪。
まず、昨日と今朝の雪でバスは焚き火の場所までたどり着けずに、みんな歩くことに。
荷物はなんとかかおりちゃんの車に乗せてあとから持ってこれました

さっそく遊び始める子ども達を尻目に、大人は焚き火場所を掘り起こし、なんとか火をつけようと奮闘
CIMG0180-2.jpg CIMG0209-2.jpg

赤ちゃん連れのお母さんのために、休憩小屋の薪ストーブに火を入れる丸山さん。

なんとか火がついて、朝のごあさつ。

子ども達と一緒にお昼に食べるスープとねじりパンの準備。

かじかむ手も忘れて、包丁を持ち、パンをこねる子ども達。
CIMG0198-2.jpg CIMG0204-2.jpg

CIMG0229-2.jpg CIMG0205-2.jpg

丸山さんのうちで飼われてるニワトリがアイドルになってました。
ニンジン、ベーコン、ハクサイ…。なんでも食べてたね。
CIMG0222-2.jpg

雪の階段を作ってくれたお父さんとその男の子は、雪洞掘りをしてました。
CIMG0217-2.jpg
最後はトンネルが開通し、大人も通れる穴ができあがり

パン種が手についてなかなか取れず、泣が入る子どもたち…。
CIMG0254-2.jpg

パンは結局発酵せず、時間もないので、無理やりねじりパンにしてやきました。
でも、これがおいしかったー
CIMG0285-2.jpg CIMG0286-2.jpg

焚き火を囲んで話しをする大人たち
スタッフも保護者もボランティアもみんな一緒に火を囲む
寒いけど、あったかい時間が流れてました。

スープが煮えるまで、子ども達はスノーモービルでそりすべり
CIMG0274-2.jpg CIMG0278-2.jpg

ひとつはトマト味、ひとつはカレー味のスープのできあがり。

子ども達は休憩小屋の中でみんなで一緒に雪の中でつくった「奇跡のスープ」を飲んで生き返りました。
CIMG0291-2.jpg CIMG0292-2.jpg

食後は雪の斜面を思いっきりソリ滑り。

大人も子どもにかえっていい笑顔です。
CIMG0297-2.jpg CIMG0299-2.jpg

森の妖精ムッレさんも最後に来てくれました。
子どもたちにナッツのおやつを渡しながら、「自然を大切にしてね」と言って、また森に帰っていきました…。
CIMG0309-2.jpg CIMG0311-2.jpg

ちょっと寒そう…でしたけど。

今日の活動は正にサバイバル。
その中でさすがにたけの子の子どもたちは雪に慣れてました。そして、雪を楽しんでました。
身体を使って遊ぶことのおもしろさをしってるんだなと実感しました。





2014.03.10 Mon l ●たけの子自然学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
たけの子だより55号←PDFファイルでご覧になれます。

今月は渡部達也さんのお話しから。
子ども達はたくさんの可能性をもっています。
その可能性の扉を遊びによって開いていく…。

そして、自然体験が多い子は少ない子と比べてどうなのか、というデータも教えてくれたので、載せました。
読んでみてください。
2014.03.08 Sat l ●たけの子からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
たけの子だより55号←PDFファイルはこちらからご覧になれます。
2014.03.08 Sat l ●たけの子だより l コメント (0) トラックバック (0) l top
3月25日(火)
福島県石川郡平田村のひらた病院にベビースキャンをしにマイクロバスで出かけました。
たけの子だけでなく、活動に参加してくれた方たちによびかたので、総勢20名の参加です。

米沢からは朝7時半に出発。
福島を経由してひらた病院へは10時半着。

まずは説明を聞いて、問診をアイパッドに入力。


その後、着替えて、身長体重を測ってから検査室へ。


検査を受けた人から聞いたところによると、CTスキャンのようなものだそうです。

病院を出るとき、事務局長の二瓶さんと少しお話しができました。

今回、わたしたちはすべて無料でやっていただいたのですが、、もうすでに、寄付からの財源は尽き、財源を病院からまわしてもらって継続している、とのことでした…。
「今回の事故による放射能の被害は決して福島県の人が悪いからではない。
だから料金をいただくわけにはいけないのです」と。

わたしたちも福島ー米沢間のバスの運行費はいただいていません。
だって、本当は福島でできることを、米沢でしているだけですから…。

同じ志を持つ方がここにもいたのだと思うとうれしくなりました

その後、お楽しみの水族館へ。


わたしたちはバックヤードツアーにも参加し、水族館の裏側も見てこれました。
楽しかったです。





アザラシ(の剥製)と見つめ合うなおみちゃん

志賀さんも運転ご苦労様でした


3月23日(日)
皆さんに見守られて本当にいい卒園式になりました
DSCN1421-2.jpg

はるきくんとの出会いは約4年前,
あんなにやんちゃだった彼ですが、卒園の発表では、詩を3つも暗記して朗読できるまでに成長しました。
本当に立派でした。


あつきくんも、山形市に移るけど、このままあつきらしく、まっすぐそだって行ってね。
家族の名前を聞くと、一人一人フルネームで教えてくれるあっちゃん。
「あっちゃんは?」って聞くと、「あっちゃんはあっちゃんだよ」って答えてくれる。

そう、あっちゃんはあっちゃん。
いいとこも悪いとこも全部その子。

谷川俊太郎さんの「いち」にはそんな願いがこめられています。

それを全部暗記したはるきくん。内容と共にどうか忘れないでね。

保育者たちのおちゃらけ「ももたろう」もご披露。
このアンバランスがいかにもたけの子的…?
DSCN1425-2.jpg DSCN1428-2.jpg

その後の謝恩会では、皆さんの手作りのお料理が並び、楽しい語らいの場になりました。
皆さん、本当にありがとうございました



いち 谷川俊太郎

いちってね
つまりぼくがね いちなのさ
ぼくは せかいで ひとりきり

いちってね
つまりママがね いちなのさ
ママは せかいで ひとりきり

いちってね
つまり きみもね いちなのさ
ぼくと きみとで 2になるよ

いちってね
だけどちきゅうは ひとつなの
ぼくと きみとは てをつなぐ

いちってね
だからはじめの がずなのさ
ちいさいようで おおきいな


3月21日(金)
あつきくん夜泣き
なんとか寝かしつける。
そらくんは、ママに耳たぶがないと寝れないとのことだったけど、大丈夫だったみたい

そのせいかあつきくんは午前中はず~~っとウトウト。
戦隊レンジャーのソーセージを食べるよ~って起こしてなんとかご飯を食べさせたけど、またウトウト~~
CIMG0232-2.jpg

本当は最後だから一緒にいっぱい遊びたかったのに、みぞれ交じりの雪は本当に冷たくて、はるきくん、そらくん、友夫さんと一緒に西藤泉の公園に行ったけれど、結構すぐ帰ってきちゃったね。
それでも、かくれんぼ2回した。

ミーティングでは、はるきくん、たくさんごっこ遊びを出してくれたけど、結局できなかったな~。

昨日張りきった分のつけは今日のグダグダ感な半日になっちゃった。
CIMG0265-2.jpg CIMG0290-2.jpg CIMG0302-2.jpg

それでも、〆のお掃除はしっかり。

お母さんたちも迎えにきて、かおりちゃんのサプライズお別れ会の開始
CIMG0339-2.jpg

「今、これからですか~」とかおりちゃんにつっこまれながらも、お母さん達で時間をかけて練習してきた「やさしさに包まれたなら」をハモる
わたしも「アメージンググレイス」の1番を歌いました。

そして、心のこもったプレゼントを手渡し。
保護者からアルバム(子どもたちの絵付き)
スタッフからコルクボード(カレンダー付き)
CIMG0375-2.jpg CIMG0374-2.jpg

こんなにしてもらえるのは、今までのかおりちゃんに感謝感謝だからだね。

さて、あさっては卒園式だ~~。
いい式になりますように


3月20日(木)
今日と明日はお泊まり会
しかも、3歳のあつきくんも、4歳のそらくんも、初めて家族から離れて泊まる…。
子どもたちもドキドキだけど、わたしたちもドキドキ…。

あいさつ、ミーティングのあとは、お買い物。
あいにくのみぞれ混じりの天気の中、片道45分かけて、歩いてスーパーまで


去年はあつきくんは帰り、ベビーカーだったねー。

それが、今年は遅れはしたけど、全部歩けた!
すごいよね。

そらくんも、はるきくんと追いかけっこしながら、とっとこ歩けたね。

はるきくんはお兄ちゃんらしく、買った荷物を一番多くもってくれたね。


あおぞら館に帰ってきて、濡れた服を着替え、オヤツターイム
CIMG0009-2.jpg

CIMG0006-2.jpg CIMG0021.jpg

モリモリ、オヤツを食べた後はみんなで調理開始!
あっちゃんは少しお昼寝。
CIMG0078-2.jpg

はるきくんとそらくんは豆ずり班。
たけの子で収穫して冷凍しておいた枝豆をスリスリ。
CIMG0054-2.jpg CIMG0057-2.jpg

大貫さんたちはギンナンの実の取り出し作業。
CIMG0116-2.jpg

夕飯はお餅の晩ご飯。
お餅は、福井に避難した福島の子どもたちが現地の支援者と一緒に作ったもち米をいただいたので、それで作ったもの。
納豆、きな粉、のり醤油、つゆ、豆ずり、おろし…、と種類も豊富なおいしいお餅になりました
CIMG0133-2.jpg CIMG0137-2.jpg

ご飯の後は、花火とどんど焼き。
CIMG0185-2.jpg CIMG0196-2.jpg

除雪の壁にほった雪灯篭の灯りもきれいだったね。

そして、温泉へ。
男チームと女チームにわかれて入浴。

ちっちゃい子は「オトナのお風呂にはいった」と自慢げでした

あおぞら館に帰って、絵本3冊読んで、おやすみ~。
寝るときも、男チームに入って寝た子どもたち。

ゆっくり寝れるかな…。


3月19日(水)
今年度最後のすくすくは、女の子三人と男の子一人が参加して賑やかになりました♪

わらべうた♪おちたおちたでは
キャウリやバナナなど長いもの/みかんやトマトなど丸いものが落ちてきて...みんな唄に合わせて上手にお手玉を投げたり取ったりできました。

その後は、早速外で雪遊び(^^)/
かまくらに入ってみたり、雪でケーキやプリンを作ったり、ツリーハウスに登って良いところを見せようとするはるきくん&あっちゃん(笑)





『おやつできたよ~!!』の辺見さんの声に一斉にあおぞら館の中へ~いい匂いが漂って押し合いながら着替えを済ませてテーブルへ
今日のおやつはお汁粉/そらくんリクエストのどら焼き!!美味しい笑顔と箸休めのたくあんのポリポリ&パリパリいい響き( ´艸`)

辺見さんに絵本を読んでもらってあっという間にお終いでした。

望月(●´∀`●)


3月18日(火)
そうすけくん、今日はママから離れてお預かり。でも、全然泣かない…。

モーニングミーティングの時のわるふざけな一コマ。


たけのこめーだした


米沢社協のとこの公園でそりすべり。
除雪機でとばした大きな雪山をものすのごいスピード出して思いっきり滑れて楽しかったね。


そうすけくんも、雪山登りにチャレンジ!
すべってもすべってもあきらめない。


午後は雨降りになり、部屋の中でトランプ遊び。

明日はすくすくの日。オヤツの日です。


3月17日(月)
この春入園予定のそうすけくんが親子で遊びにきてくれました。

モーニングミーティング、お掃除のあと、川原へ。

わたしの大人の長靴は結構深くまで入れる…。
それを見ていたはるきくん、服をぬいで入る、という。
まー、止めないけどね…。
全部ぬぐ!というのはかろうじて止めた。
絶対寒いのに、ねー。
ちょうしにのって、おしりをつけて、水風呂を体験。


あとは耐え切れなくなり、早々に園に帰っていった…。

そらくんは雪玉を川に投げるのが楽しくて、フネにみたててお昼前までじっくり遊んだね。


ご飯を食べたあとは室内遊び。

今まで、冬にはだかになったことなかったのに…。
総仕上げだったね。


3月14日(金)
英会話の後、英語の先生にも卒園式の劇を見てもらう。
だんだん上手になってきたね。

その後、外遊び。
雪山のトンネルをくぐって遊ぶ。


あっちゃんを狭い入口から入れたくて、はるきくん、少し強気。
せまいとこから入るのがこわいあっちゃんは、泣いちゃった…。
そうさせたいなら、できるように考えてあげるのが大きい子なんじゃない?というと、はるきくん、考えこんだ。
そして、なんとか安心させて入らせようとする。
でもね、言葉だけじゃダメなんだ。


それで、中からはるきくん、外からへんみが支えて、スルンと穴の中へ。
やってみれば簡単だったねー。

その後みんなはグランドへ。
志賀さんとへんみは板の掘り出し。
みんなも後からお手伝い。

子ども達はお昼を食べた後に、バレンタインのお返しにあげたマシュマロポップコーンを食べてた。
気に入ってくれてよかった

あっちゃんのお団子くつした、かわいかった


月曜日はそうたくんがきます。
ご飯炊きますね。


3月12日(水)
今日は友夫さんとせっちゃんの前で卒園式の練習。
あと実質7日で卒園式だね。
はるきくんやあつきくんとお別れか…。淋しくなるね。

その後は外遊び。

せっちゃんのそりに乗って、子どもたちは宝物探しの旅をしてきた。
わたしと志賀さんは雪洞掘り。あと少しでトンネルが貫通しそう…。はるきくんとあつきくんも、掘った雪を運ぶのを手伝ってくれた。

そらくんは友夫さんが作ってくれた木の枝のブロックで遊んでた。
手触りが優しくてすてきだね。


今日のオヤツはどら焼き、シャーベット、ヨーグルト。
ヨーグルトは友夫さんから。バレンタインのお返しだそうです

3月11日(火)
朝の会のあと、かおりちゃんと志賀さんにお客様になってもらって卒園式の劇の練習。
詩の朗読とわらべうた。
まだちょっとつっかえるから、練習しないとだね。

そのあとは、お掃除。
はるきくんは「たいこの達人♪」と歌いながら、上機嫌。
それもそのはず、お向かいさんが、バレンタインのお返し、ということでお菓子をどっさり持ってきてくれたもんね~。
手作りクッキー3つぶあげただけなんだけどね…。
あんたたち、エビで鯛をつったね

お昼ごはんは昨日の残りのハンバーグを煮込んでリメイク。
かおりちゃんにほめられてうれしかったね。

午後は雪遊び。
かおりちゃんが雪で船を作ってくれました。


絵本3冊読んで、わたしの簡単な手品を見て、今日はおしまい。

明日のおやつはどら焼きだね。

今さらですが、園で子ども達が自由に工作したりするのに使う、箱などがありましたら、提供してもらえますか?
よろしくお願いします。


3月10日(月)
今日はお店屋さん給食
ごっこじゃないの。
ちゃんとつくっちゃう。
メニューは、ピザ、スープ、ハンバーグ、栗どら焼き。

子ども達は遊びたくて、サボり気味。オモチャで遊びはじめちゃった。
わたしに、それじゃお店屋さんできないよ!と一喝されてシャキッ!
そして、そらは泣く…
でもひと泣きしたらスッキリしたのか、お手伝いしっかりしてくれた。

はるきくんはどら焼きの皮焼き担当。
20個のどら焼きを作るので、40枚やかなくちゃいけない。
結構たいへん。
それをひとりでやってくやれた。最後までえらかったね。


あんこに入れる栗はたけの子のみんなでとって、渋皮煮にしておいたもの。ぜいたく…。

ピザには熊本から届いたばかりのブロッコリーをトッピング。


テーブルにおいしい食べ物が並んだところで、まずはお母さんたちがお買い物。
手作りのお財布とお金でお買い物。


いらっしゃーい。とかけ声も元気にお店屋さん給食の始まり~




一番の高額商品はスープ、500円。


あっちゃん、お給仕じょうず

なぜかハンバーグが一番安くて20円。
ピザが100円、どら焼き30円。はるきくんが値段をつけたんだよね。


食べても、とってもおいしかったです。


ごちそうさまでした。

明日はまだハンバーグが残っているので、何も持ってこなくていいですよ。


3月7日(金)
英語の先生がふたり、変わっていた…!
転勤、早いねー。

英語のあともしばらく、大型ブロックで遊んでいたので、外へでるのが遅れちゃった…。
お昼ご飯もずれズレ…。

午後はさねはるくんとことむくんが来てくれて、一緒に遊ぶ。
ふたりは春からたけの子に通ってくれることになりました

三重から吉井さんがわざわざ来てくれて、おいしい 赤福 をお土産にくれ、子どもたちは大喜び!
ごちそうさまでした。

明日は自然学校ですね。

月曜日はお店屋さん給食です。
お母さんたちにおいしいものごちそうしようね。


3月6日(木)
朝のミーティングは、はるきくんの卒園式のこと。
はるきくん中心の劇をわらべうたや詩の朗読で進めます。
やったことのあるものばかりだから、大丈夫だよね。

その後は外で鬼ごっこ。
はるきくんはもちろんのこと、そらくんも雪山をすべって降りたり、ジャンプして飛んだり、と自由自在!
いつのまに…。


はるきくんと一緒にバケツ灯篭いっぱいつくったよ。壁みたいだね。


ご飯のあとはブロックで飛行機ごっこ。

お片づけして、絵本ふたつ読んでさようなら。

明日は英会話です


3月5日(水)
今日は親子サークルすくすくたけの子の日。
桜餅のおやつ作りをしました。
皮の部分に桜茶をきざんでいれて…。
きざみ職人はるきくんがきれいにきざんでくれました。

タネができたら、あっためたフライパンにうすーくながーくながして…。
こども達も順番にフライパンに流して皮作り。


焼いたらすぐ食べたくなっちゃうよねー。
それをガマンして、アンコを巻いて、出来上がり!


もちもちでおいしかったね。

オヤツの後は、となりのグランドを探検。
たけの子マイブームのサメごっこで盛り上がったようです。

明日は、ご飯炊きますね。


3月4日(火)
かおりちゃんが来ると子どもたちの遊びがだいたんになるねー。

はるきくんはツリーハウスのとなりの木のかなり上まで登ることができました。
記念写真をパシャリ!


朝のあいさつの後は川原へ!
雪で埋まってるから、いつもはアカシアのトゲが気になるけど、今日は平気!


川原で石投げ。


電車ごっこ。


お昼は昨日おいしかったから、今日もハクサイサラダ。

午後も雪山登り。
となりのグランドで作ったサッカーボール入り雪だるまはどうなったかなーって見に行ったら、ボールが出ていた。
また今度、ボール入り雪だるま、つくっちゃう?

絵本3つ読んで、かれっこやいてのわらべうたをして、今日もお終い!
いっぱい遊んだね。

明日はオヤツに桜餅を作ります。


3月3日(月)
みんなといつも読んでいる詩を書いたまどみちおさんが2月28日104歳で亡くなった。
どんな人だったか、アイフォンで顔を見せて、まどさんの詩を朗読した。
アンパンマンを書いたやなせたかしさんも去年亡くなったんだよっていう話しもした。

きっとふたりはお空からみんなのことを守ってくれてるよ。

週一回のお掃除のあと、畑の白菜救出大作戦の開始!

でも、思ったよりも積もっている…。
白菜の影も形も見えない。
それもそのはず、あたりをつけて掘り起こしてみると、葉牡丹のように見事にぺっしゃんこ!


でも、これがおいしー!
まず友夫さんが畑でムシャムシャ。
まねして、わたしとせっちゃんもムシャムシャ…。
甘くておいしかったよ。

子どもたちは雪かきした大きな雪山をすべりおりー。
なんにもなくても遊べるってすごいよね。


お昼にはとれたての白菜を食べやすくきって、お塩やマヨネーズをかけていただきました。
子どもたちもつられて食べてみたら、おいしくって、結局一株食べちゃったね。


今日は理事長宅へ卒園式の招待状も渡しに行きました。
はるきくん、ちゃんと、「ぼくの卒園式にきてください」と言えたね。

オヤツには、お雛様なので、ひなあられと甘酒と桜茶をいただきました。
甘酒はせっちゃんの手作り!
おいしかったです。
2014.03.03 Mon l ●保育日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top