27日の“「こどもが主役」の遊び場を考える”の講演会無事終わりました。
簡単にご報告させていただきます。

まず、天野さんより、「冒険遊び場」とは何かというお話しをしていただきました。
後で資料を読み返してみて、以下わたしなりの解釈をしました。
ケガやケンカなど自分で責任をもつ(子どもに任せ大人は見守る)子ども主体の住民運営による遊び場のこというですね。
なので、いわゆる遊具はありません。
子どもは自分のやりたいことをやります。
なので、無秩序のように見えますが、実はそうではない、のです。

郡山市などにある室内遊び場は、子どもの運動量ということではたいへん意義あることですが、屋外での遊びはそれと一線を隔しています。
というのは、遊びの根本は「やりたい」という動機から生まれるものだからです。
鬼ごっこと聞いて、皆さん、遊びだと思いますか?
ほとんどの人が遊びだと思うでしょう。しかし、中には思わない人もいます。
それは、やりたいと思わないからです。
やりたいと思わないことは遊びではありません。

やりたいと思うことをしている時、つまり遊んでいる時はその子が主役になっているのです。
つまり、遊びは「命」そのものということができ、その子の唯一無二の世界と言えます。

では何が子どもの「やりたい」を引き出す環境なのでしょうか。
それは、壊せるものがどれだけあるのか、ということになります。
創造の前提にはどれくらい壊せるのかということがあるのです。
壊せるものがある、ということは、自分の世界を創ることができるということです。
壊せないものに取り囲まれた現代の生活は、創造力を奪います。
人口の造形物は完成品=壊せないものだからです。

また、遊びの中で、子どもはルールも作っていきます。
大人の世界ではルールは守るものですが、子どもの遊びの世界では、その子が遊びに加わるにはどうしたらできるのかを考え、ルールを変えていきます。
この遊びのルールではあなたが遊べないよ、というのと、あたなと一緒に遊ぶためにはこういうルールにしよう、というのとどちらがいいのかわかると思います。

また、室内遊びは整った環境だけに、子どもの五感を奪います。
いやだな(ヌルヌル、ベタベタ)という感覚を持つことがないのです。

そして、外での遊びは体温調節など、身体が環境に対応できるようになります。

以上のように、屋外での遊びは子どもにとってたいへん重要な意味を持つのです。


次にホットスポットファインダーによる計測結果を福島の現状を交えて吉野さんからお話しいただきました。
モニタリングポストの数字は正しいけれど、そこからほんの少し離れたある地点を計測すると数字が変化していました。
除染しているところと漏れているところが明確になります。



今、お試し期間ということで、依頼があった、幼稚園保育園さんの周辺を測っていることろです。
園庭は除染されていても、今まで続けてきたお散歩ができないので、どのコースだったらできるのか、道の右なのか左なのか…。詳しく測定しています。
また、園庭もホットスポットは本当にないのか、も。

飯坂町茂庭にできたプレイパークも計測してきて、50センチの位置でほぼ、0.1マイクロシーベルト前後であったことから、福島市内の除染が進んでいるところと変わりないということがわかりました。


終了後活発な質問も出ました。
砂場は低いけれど、周辺の草むらは少し高め、どうしたら、という質問に、ペットボトルを並べるという遮蔽方法があることをお答えてしいました。


講演会を終えてみて、子ども達にとって何ができるのか、わたし自身改めて考えることができました。
子どもの成長は待ったなし…。
それぞれの判断、価値観があっていいと思いますが、天野さんがおっしゃっていたように、「一番ものを言わない子ども」のために自分ができることを精一杯していこうと改めて思います。
そして、今の子どもだけでなく、未来の子どもたちへの動きも必要ですね。
福島市内に安全で子どもが思いっきり遊べる冒険遊び場を作りたいと思った大人が会場に少なからずできたことは、すぐには実現できないにしても、とても大切なことだとわたしは思いました。
スポンサーサイト
2013.10.30 Wed l ●たけの子からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
9月21日、秋晴れの晴天(暑いくらい!)の中、第5回たけの子祭りを米沢中央高校部活用グラウンド(米沢市六郷町)で開催いたしました。
DSC_4394-2.jpg

当日は、たけの子関係者(園児・保護者・スタッフ・ボランティア)だけでなく、一般参加者含め総勢50名にお集まりいただきました。たけの子の一番最初の卒園児あいねちゃん(四年生になりました!)が家族揃って参加してくれたものうれしかったです。
DSC_4439-2.jpg

第2回開催時、保護者が作ってくれた手作りのお神輿をかついでの入場です。はるきくんが先導役。
 「わっしょい」ピッピ!「わっしょい」ピッピ!
 子ども達のかけ声が元気に響き渡りました。
DSC_4412-2.jpg


[広告] VPS


http://www.youtube.com/watch?v=ZSVoT-KIVXM

開会行事(来賓あいさつ、
DSC_4445-2.jpg
ひょっこりひょうたん島の歌にのせてダンスをする準備体操、
DSC_4489 - バージョン 2 DSC_4486-2.jpg
わらべうた)
DSC_4470-2.jpg
のあとはくすだま割り。

でも、なかなか割れない…。おかしいな~と思っていたら、逆さまに吊っていたからでした! 
DSC_4512 - バージョン 2 DSC_4750.jpg

ハプニングはありましたが、無事くすだまも割れて、次は「できた!」

いつもは工作をしていたのですが、今年は子どもたちができることをしよう、ということで、月2回の給食作りで行っている、子どもたちの見事な包丁さばきを見ていただくことにしました。
DSC_4546.jpg

週に1度の英会話で習っている英語の歌も元気に披露!
DSC_4561.jpg

その後も、「借り物競争」
DSC_4575.jpg
「おみこしわっしょい(お母さんあてゲーム)」とプログラムは続いていきます。
DSC_4625.jpg

DSC_4643.jpg DSC_4664.jpg

そして、白熱する攻防戦が繰り広げられる全員参加の綱引き。大人も子どもも本気です。
DSC_4698.jpg

次はちょっと休憩の意味も込めた「宝さがし」。敷地内にある指定された植物を探してくるゲームです。なかには「アケビ」なんていう難題も。親子が協力し合っての自然探検。
DSC_4717.jpg
ご褒美はキャラメルです。
DSC_4734.jpg

年齢別クロスカントリーでは、まず子ども、
DSC_4764.jpg
次は男性、
DSC_4787.jpg
女性の順で走りました。
走るのが苦手な人だっていいんです。ゴールすれば、必ず景品がもらえます。速くつけば先に選べるという特権はありますが…。

お次はパン食い競争。
2段になっているパンをおんぶして上下両方いっぺんにとらなくてはなりません。大きな口を開いてあ~~ん。
DSC_4890.jpg
取ったあとは動物さんにへんし~んしてマントもつけてゴール。
DSC_4911.jpg

プログラムの最後は、たけの子祭りの花形「のをこえやまをこえ」です。でんぐり返し、こいのぼりくぐり、平均台、脚立からジャンプ、うまとび、缶ぽっくり、なわとび…。仕上げはわたしの肩の上に立ち、でんぐり返しで降りてオシマイ。
DSC_4976 - バージョン 2
はるきくんはもちろん全部できました! しかも、当日ぶっつけ本番で長縄跳びの大回しをやり7回も跳べました! そらくんは本番当日までわたしの肩に乗ろうとしなかったけど、当日はバッチリで、ヤルときはやるな~と感心させられました。

昼食後はバザー。子どもたちと作ったクッキーやゼリー、はがき、そして、保護者やスタッフの手作り品も並び、ワイワイ楽しく皆さんに買っていただきました。
DSC_4992 - バージョン 2

終了後、参加した方々から、「楽しかった~」という声がメールで寄せられ、本当にありがたかったです。たけの子らしい心温まるお祭りにすることができました。準備期間が短かったけれど、当日も走り回って進行してくれたスタッフ、裏方をしてくれた保護者の皆さんの頑張りで乗り切ることができました。

今年のたけの子祭りの締めくくりの歌は「幸せなら手をたたこう」にしました。いろんなことがあるけれど、そのすべてに感謝して、幸せだと思いたいなという願いも込めて。実際みんなの笑顔は「幸せだよ!」って輝いて見えました。
DSC_5005.jpg
 
2013.10.26 Sat l ●たけの子だより l コメント (0) トラックバック (0) l top
●11月4日 たけの子自然学校
●11月6日 すくすくたけの子
●11月7日 ハローウィン,給食
●11月8日 親子無料英会話
●11月13日 幼児のために性教育
●11月14日 親子無料英会話
●11月15日~16日 森のようちえん全国フォーラム
●11月20日 すくすくたけの子
●11月21日 給食
●11月22日 親子無料英会話
●11月28日 懇談会
●11月29日 親子無料英会話
2013.10.26 Sat l ●保育予定/カレンダー l コメント (0) トラックバック (0) l top
●10月2日 すくすくたけの子
●10月4日 親子無料英会話
●10月5日 たけの子自然学校
●10月8日 ダリヤ園見学
●10月11日 親子無料英会話,給食
●10月16日 すくすくたけの子
●10月17日 おやつ作り,誕生日会,懇談会
●10月18日 親子無料英会話
●10月19日 福島活元会
●10月24日 親子無料英会話
●10月27日 「こどもが主役」の遊び場を考える 講演会
●10月30日 脱穀
●10月31日 他園受け入れ
2013.10.26 Sat l ●保育予定/カレンダー l コメント (0) トラックバック (0) l top
ジャパン・サロン

子どもたちを放射能から守る福島ネットワークの関係で、フランス在住の小柳さんと繋がることができ、さくじつのフランスでのジャパン・サロンで福島のことを紹介していただけました。
2013.10.25 Fri l ●たけの子からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
東京新聞:「泥んこ遊びをする権利」

 毎朝、福島市内からマイクロバスに子どもを乗せて隣の山形県まで連れて行き、夕方にまた帰ってくる。福島市の保育園「たけの子」の代表辺見妙子さん(52)がこの二年、往復を続ける「サテライト保育」だ。
 原発事故の後、放射能の影響を気にしながら室内でばかり過ごす保育に苦悩を深めていた。子どもに泥んこ遊びもさせられない。田んぼや土手の散歩にも連れていけない。花や草木の名前も知らないで大きくなっていく。限界だ。その年の秋、約五十キロ離れた米沢市の幼稚園を間借りした。
 自然の中で再び過ごせるようになり、子どもに笑顔が戻った。時には福島市や周辺の別の園の子も連れて行く。二年も散歩していなかった子、ススキやコスモスを知らなかった子。歓声が上がるたび、原発事故を起こした大人の罪を思う。園舎の家賃や運転手の手当などにかかる二十万円は寄付に頼るため心配だが、踏ん張る覚悟を決めている。
 「子ども・被災者支援法」の基本方針をめぐって先月、福島市内で開かれた説明会で辺見さんは窮状を訴えた。だが、アリバイを重ねるように事務的な説明に終始する復興庁の人たちに思いは届かなかった。
 質問の手がまだ挙がるのを副大臣は時間切れだと制した。「後はメモにしてください」。辺見さんは悲しかった。これが苦労を重ねる被災者にかける言葉なのか。子らに恥じない政治といえるのか。 (佐藤直子)
2013.10.24 Thu l ●たけの子からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
11月4日(祝・月)のたけの子自然学校は収穫感謝祭を予定しています。
たけの子の畑や田んぼで獲れた野菜とお米を使って芋煮会をします。
そして、今まで支えてくれたボランティアの皆様をご招待して参加していただいた方と収穫をお祝いします。

参加者の皆さんには芋煮を囲んで、キャンプファイヤーのスタンツのように、何か楽しい発表をお願いいたします。
歌、踊り、ゲーム、クイズ、なんでもいいです…!
皆さんと一緒に楽しいひと時を過ごしたいと思っています。

◇日時:11月4日(祝・月)
8時半:国体記念体育館集合(無料送迎バス)→
10時:あおぞら館着(途中トイレ休憩あり)→昼食作り・自然散策→12時~芋煮会・スタンツ→14時終了
14時半:米沢市発→16時ごろ福島着予定。
◇内容:芋煮会、自然散策、スタンツ
◇持ち物:帽子、軍手、着替え、長靴、タオル、甘くない飲み物(甘いと虫がよってきます)
◇参加費:大人1500円、子ども無料(昼食代込み)
〈子どもだけでの参加の場合は大人の参加費をいただきます)
任意ですが、日帰り保険ひとり200円又は年間保険ひとり800円の保険加入をお勧めしています。
◇申込み先:以下の連絡先までお早目にご連絡ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
NPO法人青空保育たけの子 辺見妙子
070-6495-6920(willcom)
080-3347-7126(softbank)
tae-elyzion@mbg.nifty.com
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2013.10.16 Wed l ●たけの子自然学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
曇り空の中、さほど暑くもなく、総勢35人で稲刈りです。

まずは、気をつけることを教えてもらいました。
鎌の入れ方、稲の持ち方…。
本当に遊びじゃないからね。
気をつけないとケガするよ。
ちょっとじゃないよ、下手すると指を落とすよ、と…。


みんな、言われたことをちゃんと守って、一人もケガする人がいませんでした。


http://www.youtube.com/watch?v=KFvG9E0i144

お昼までは終わらないと思われたのですが、なんとか稲刈りは終わらせることができました。


http://www.youtube.com/watch?v=C_Lxq0esuC0

でも、本当はここからがたいへん。
稲を束ねて棒がけにしなくてはなりません…。
居残り組の皆さん、本当にお疲れさまです!


お昼は農村文化研究所理事長宅にてそうめんをご馳走になりました。
大釜でグツグツとお湯を沸かしてゆでた麺はまた格別でした。


理事長いつもありがとうございます。


映画「かすかな光へ」を観ている間、子どもたちとイナゴとり、&アクセサリー作り。


映画を観た皆さんはどうだったでしょうか。
自然の中で子どもを育てる大切を改めて感じてくれたらうれしいです。
2013.10.05 Sat l ●たけの子自然学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
第1回目のたけの子祭りの時にフェルトで保護者が作ってくれた「青空保育たけの子」の文字。
捨てられなくて、ずーっと取って置いたのだけど、早坂さんが、ステキな看板に仕上げてくれました。
でも、糸が一箇所きれちゃった…。
「はやさかさ~ん」
と呼んだら、なぜかすぐそこにいるのに隠れてる…。
あのね!丸見えだから!
2013.10.04 Fri l ●ゆかいな仲間(スタッフ)小話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10月31日(木)
余目保育所さんが芋掘りにきました。


http://www.youtube.com/watch?v=48XH5w7MsHw

はるきくんは、大きなショベルを上手に使ってお手伝い。そらくんは泥だんご作り。
土に慣れてない余目の子どもたちにはすべて珍しいことばかり。
泥だんご、結構やると難しいのよね。

お昼ごはんを食べてあっと言う間に余目さんは帰って行きました。


普段、たけの子で何気なくやっている遊びや食べ物がどんなに贅沢なことか…。
まだ、子どもたちにはわからないだろうな。

遠藤理事長のお陰で、今日お米のもみすりも終わりました。
100キロ近く取れました^_^
新米、楽しみです。

10月30日(水)
今日は脱穀ー!
農文の遠藤理事長宅のコンバインに天日干しした稲をドンドン入れていきます。
子どもたち、目をまん丸くして見てました。


はるきくんは、藁をまとめるお手伝い。


ちびっ子ふたりは見学も飽きてきて、雑草レストランを始めていました。

なーんにもなくても遊べるたけの子たちです

10月29日(火)
今日も元気に館山公園を歩きました。
2回目にして、子どもたち少し慣れてきたみたいです。


松葉のおみくじごっこ。
下が2つになっているのが当たりです。


かおりちゃんが作ってきてくれたハロウィンの〈手〉のポップコーン。オヤツにいただきました。


御成山公園では、子ども達、よく走ってました。
そらくん、体力ついたねー。
あっちゃん、はしりっぱなしでした。

10月28日(月)
今日は、晴天の中、絶好のサツマイモ掘り日和。
はるきくん、大きなスコップを持って大活躍!


http://www.youtube.com/watch?v=u4fycurV1YM

おっきなイモムシをみつけたり、どろんこでお団子を作ったり…。


おっきなサツマイモがゴロゴロ掘れました。


子ども達、いっぱい働いてお腹がすいたのか、お昼ごはん食べるの早かったです

10月26日(土)
NPO法人シャロームさんのひまわりプロジェクトの一環として、「ひまわりの写真・絵画募集」をしていたのですが、そこに子どもたちと一緒に絵を出しました。
去年に引き続き、子どもたちの絵はすべてシャローム賞として入賞

今年は、わたしも福島市教育長賞をいただきました



子どもたち、本当にうれしそうでした。

そらくんも入賞したけど、この日は用事があって来られず…。
ザンネンでしたね。

10月25日(金)
小雨がパラついていたけれど、みんなで近くの神社までお散歩。
神様に遊ばせてくださいってお願いしてからおうちごっこをしました。
はるきくんーお父さん。ことちゃんーお母さん。そらくんとあっちゃんは赤ちゃん。
石や木の枝を台所用品や食べ物に見たててお父さんとお母さんは大忙し。
子どもたちはそのうちオバケごっこをはじめたりして…。


帰り道、遊びながら帰ろうと思って「つきかくもかあんどんか」をやりました。
つきは走る。くもは歩く。あんどんは止まる。
歌を歌ってから、順番に つき!くも!あんどん!と大きな声で言ってみんなで走ったり止まったり。

ご飯のあとはオモチャを広げてお祭りごっこ。
おいしそうなお店がたくさんできていました。



10月24日(木)
英会話の後、すぐにごっこ遊びに。うーん…。
今日はオニギリ作るから、リュックしょってお散歩に行こう!

と、いうことで、一宮神社までみんなで歩きました。


風はすっかり冷たくなっていて、ジャンパーを持ってこなかったはるきくんは寒そう…。
あとで、カッパをきてしのぎました。

一宮神社のお便所にみんなビックリ!
本当に昭和のお便所で、キンカクシもないし、和式の便器の下は大きな穴…。


はるきくん、大きい方をしたくて、迷った末にがんばってできました…。

柿の実が取れるところに一個だけポタポタのがあったので、ひとつ取って分け合って食べました。


あっちゃん、味をしめて、ひとつ園に持って帰り、ひとりで3分の1まで食べてました。
本当は渋かったんじゃないかなー。

10月23日(水)
始めは、トミカでお店やさんごっこ。その後 お外でかくれんぼ。
チョッとぶっかって怒るあっちゃん。悲しくて泣くそらくん。
あっちゃんを誘いにいったけど…、断られ、しょぼくれはるくん。
いったんおやつを食べてきりなおし!(ふかしいもとバナナ)
こんどは仲良くかくれんぼできたね

はるきくん就学児健診で11時半お帰り。
そらくんやりたかった紙遊びできなかったので明日遊んでね。

10月22日(火)
お掃除のあと、玉ねぎの苗植え。
穴を深く掘って細い玉ねぎの苗を植える…。優しくしないと折れちゃうし、力がないと穴を掘れない。なかなかこどもには難しい。


三輪車で近くの公園までお散歩。
滑り台でごっこ遊びをした後、ブランコ乗り。
あつきくんの背中をおしてくれるそらくん。

そらくんははるきくんにいつもおしてもらう。
そうやって、してもらったことを自分より小さい子に返しているんだね。

帰りの坂道、そらくんの三輪車と自分の三輪車と両方もってくれたのもはるきくんでした。


10月21日(月)
久しぶりに館山公園に行きました!
そらくんとあつきくんは初めての山登り!
でも、やったね。できた!
途中、カマキリやミミズと出会いながら楽しく登ることができました。


御成山公園では、はるきくんは率先してゴミ拾いをしてくれました。

ムッレさんの教えがしっかり身についていますね。

あとは木登りしたり、ごっこ遊びしたり、ヘビに出会ったり。

本当に楽しかったね。
また行こうね。

10月18日(金)
英会話のあと、みんなの身長と体重を測りました。
半年前とくらべて、みんな5センチぐらいずつ大きくなっていました!
すごいねー。

ポカポカ陽気に誘われて、西藤泉の公園へ。
滑り台で電車ごっこ。
みんな、新幹線みたいに速かったね。


ご飯のあと、にじみ絵もしました。
なかよく、3人ならんで。


月曜日こそは館山公園に行きたいと思っています。

10月17日(木)
志賀さんが買ってくれた新しい絵本、3冊を読み聞かせ。
ヘンシンシリーズ。子どもたち、これ大好きなのよね。

今日は一足早く、あっちゃんの誕生日をお祝いするためにホットケーキ作りをみんなでしました。



あっちゃん、真剣です…。

昼食の後は懇談会。

そして、まちに待ったお誕生会!
あっちゃんにお祝いの色紙を渡して、ハッピーバースデーの歌をみんなで歌ったあとは…。
クリームでステキに飾り付けしたホットケーキをいただきまーす!

そして、あつきくんの誕生エピソードをお母さんから話してもらいました。

最後に絵本「生まれてきてくれてありがとう」を読みました…。
お母さんもがんばって産むのだけれど、一番がんばるのは赤ちゃん。本当にそうなのよね。
ひとりひとり、そうやって産まれてきたんだよ。
だから、命は大切にしようね。

10月16日(水)
今朝、そらくんをコンビニで引き受けた時は雨風がひどかったのですが、国体で遊んでいる間におさまり...

→サンドパークへ移動。

10:00ぴったりで、2、3人しかおらず、そらくん、砂場を独り占めと思っていたら...いつの間にやら利用者が増えて砂場は芋洗い状態...しかし、マイペースそらくんは片付け10分前のアナウンスまでずっと砂場で遊び続け、片付けてから、帰りの出口が混み合ってるので、それまでの間をボールプールで遊び、ロビーでおにぎりを食べながらお母さん達を待っていました。

12:00にお迎えが来たので~さようなら~

高橋(●´∀`●)

10月15日(火)
今日の米沢は16℃...バスを降りた青空くんの第一声が『寒っ!!』何だか一気に冬の気配...

辺見さんも風邪をひいてお休み。お大事になさってください。

子どもたちも『寒い』とは言っていたものの...『外でてくてく♪する~!!』と超元気(笑)
掃除をして、近くの西藤泉公園へお散歩しました。
滑り台、ブランコ、シーソーなどの遊具で遊び、かくれんぼ、社台の裏で栗を見つけて栗拾い...etc.


お昼は園に戻って志賀さん作、春菊のお味噌汁でお弁当!!
『苦い~』と進まなかった青空くんとおかわりをしたあっちゃんでした。

高橋(●´∀`●)

10月11日(金)
今日の給食は、はるきくんのリクエスト給食で ねじりパン、ポトフ、とんかつ、りんご。

まずはパン生地をこねこね。


ねじりパンには、昨日作ったくるみのシュガーローストを入れました。

そらくん、焼くのがたいへんだったねー。でも、自分のパンは自分で焼こう!その方が数倍おいしいもんね。


トンカツは子どもには扱いが難しいので、ハムカツに変更しました。
小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけて油で揚げます。
あっちゃん、真剣です。


子どもたちに揚げ物をさせるには、衣がはねるので、お外でやりました。
みんな、ふたつずつ油に入れるとこまでやったね。



賑やかな昼食のはじまりーー!

おうちでは、あんまり野菜は食べないという子どもたちも、ここではスープをおかわりです。

りんごの予定でしたが、今日も暑かったので、かき氷に変更!
冷たくておいしかったね。

火曜日は山歩きの日です。
館山公園に行きたいと思っています。

10月10日(木)
英会話の先生に、「パパお月さまとって」の英語版を読んでもらいました。

畑では、草むしりのお手伝い。
はるきくんとそらくんは雑草レストランを開業です。


サトイモを一株試し堀りしてみたら、特大サトイモがでてきました!


今日は、おうちの用事であつきくんがお休み。
楽しく笑っていても、「あっちゃんいないとつまんない」ふたりでした。

10月9日(水)
わらべうたの後はハロウィン用の帽子作り。
クレヨンで好きな絵を描いてから、絵の具の好きな色でそれぞれ塗りました。

オヤツは栗の渋皮煮入りカップケーキと枝豆。


残った枝豆は、あとでお餅のアンにするために中身をはじいておきました。

毎月、写真とカレンダーつきの小さな賞状を子どもたちそれぞれに渡しています。
はるきくんは先月「やさいはかせでしょう」という賞状をもらったのですが、それからは、「やさいはかせだから、やさいたべる」といって、前よりも野菜を食べるようになったそうです

明日は畑に行ってサトイモの試し掘りをします。

10月8日(火)
秋晴れの中、川西町のダリヤ園へ。
通常は「ダリア」というのですが、川西町では昔ながらの表記の仕方で「ダリヤ」を使っているそうです。



大小様々、色とりどりのダリヤは圧巻でした。

大型遊具もあり、しばらくはそれで遊んでいたのですが、間も無く、ズボンを脱いで川遊びになるたけの子たち。




とっても楽しそうでした

10月7日(月)
今日のわらべうたは音の高い低いと大きい小さいを「もどろう、もどろう」で。
あっちゃんが「ホタルやりたい!」というので、提灯を持ってみんなで順番に優しく歌いながらまわしました。
そして、最後は「もどろうもどろう」と「ほたるこい」をわたしと大貫さんで同時に歌い、二つの歌が聞こえるかもやりました。
はるきくんは聞こえたって。いい耳だね。
みんなとわたしとで二つの歌を同時に歌うのもやりました。

そのあとは、お掃除、そして畑。
畑では、子ども達も草むしりを手伝ってくれました。


すっかり畑仕事がいたに付いてきたね。草むしりも上手になりました。

あおぞら館に戻ってお昼。

そらくんの山形のお祖母様が訪ねてくださり、お土産においしいお菓子をいただきました。
ご馳走様です!


10月4日(金)
朝、久しぶりに にじみ絵をしました。
3人3様。個性がよく出た作品が出来上がりました。
わらべうたのあと、クルミ拾いに道路向かいの牛舎のわきの空き地へ。


牛さんにもちょっとのぞいてごあいさつ。
あっちゃんが、公園に行きたい、というので、これまた久しぶりに三輪車を出して近くの公園までお散歩。

砂場で棒倒しをしました。


そんなこんなであっと言う間にお昼。
お外の子ども用テーブルで昼食です。
おまけのオヤツはゆで卵。

明日はたけの子自然学校です。稲刈りと映画鑑賞の予定です。

月曜日は畑の日だね。ご飯、炊いてもらいますね。

10月3日(木)
英会話は今日も動物さん。
そして、動物がいっぱい出てくる歌を新しく教えてもらいました。

子どもたちはイヤイヤオーだけ元気に歌ってました。

火曜日にとってきたイナゴを佃煮に。


今日はお弁当、あつきくんとはるきくんが完食。
ご褒美のオヤツは生チョコ。

地震がきたらどうする?という話しをし、地震の避難訓練をしました。
はるきくん、さすがにいろいろわかっていたね。

いつも遊んでいる部屋が一番安全だねと確認しました。

明日は志賀さんお休みです。
わたしの車で行きます。

10月2日(水)
山形・福島 避難者支援研修交流会報告ー!

まずは、福島市市民会館にあるサンド・パークを見学。


園での予約も受け付けているんですね。


去年まで保育者としてたけの子で働いていて吉村さんが、ちょうど昨日からサンド・パークで働き始めてました!


ガラスばりの砂場…。

豊かな自然はまわりにあるのに、触れることができない今の福島を象徴しているかのようです。

土は測定してあるそうです。


福島市内の幼・保育園から集められた子どもたちの手形の木。

この子たちの未来が豊に花咲ますように。

全景です。


福島のある園では、1歳児から神社につれていって階段を登らせたりという活動をしていたそうです。
震災後、外遊びができないかわりに、室内に階段を作ったそうですが、子どもたちは登らないそうです。
登る''目的"がないから…。

子どもたちが遊ぶのは、遊びたいと思うからなんですよね。
のぼったら何があるのかなって、思うからなんですよね。

室内で本当に子どもたちの創造力は養えるのでしょうか…。

福島駅近くの除染プラザに移動。


職員の方から説明を受けた後、施設内を見学。



子ども向けの紙芝居までありました。


昼食を食べながらの交流会のあと、現状報告会と意見交換会。
1テーブル7~8人で1グループにわかれてました。

わたし達のテーブルからは、子どもたちの発達障害が増えているようだ、との報告がありました。
以前の山形での支援者の集いでも同じような報告がありました。

放射能の影響をさけ、外遊びをさせたいと思って避難しても、母子で引きこもってしまう場合があり、子どもたちの発達にも影響が出ているようです。

最後に隣りにすわった福島の子育て支援センターの方といろいろ話しているうちに涙が…。
だって、福島の現状は、本当は辛いことばかりだもの。
でも、それを言ったところでしかたがない。
普段は前向きに!と思っていても、本音のところは…ね。
こうして、支援者同志語り合えるということはとってもいい機会でした。

次回は2月。米沢だそうです。
一番雪深い時の米沢に、皆さんどうぞ起こしください!

10月1日(火)
今月であっちゃんは3歳になります。
ソフトブロックとお手玉で、あっちゃんの誕生日ケーキを作って一足早くお祝いしました。


天気もいいので、近くの神社までお散歩!
途中、田んぼに寄り道。
刈り残しの稲を見つけたので、いただいてくことにしました。


神社でかくれんぼをしたあと、田んぼでイナゴとり。

かおりさん、はるきくん、わたしの3人でけっこう捕まえたねー。

お昼はあおぞら館に帰ってから、久しぶりにお外で。

ご飯を食べたあと、桜井父が撮ってくれたたけの子祭りのビデオをみんなで見ました。

明日はすくすくの日です。
わたしは、福島で支援者団体による施設見学会と交流会があるので、休みます。
2013.10.02 Wed l ●保育日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
すくすくたけの子は未就園児の親子サークルです。
放射能の影響の少ない米沢市で思いっきり遊んでみませんか?

◇日にち:10月2日、10月16日、11月6日、11月20日、12月4日、12月18日
◇集合場所:国体記念体育館北側駐車場(8時40分)、イオン駐車場(9時)
◇日 程:8時40分国体記念体育館出発→9時イオン駐車場→10時米沢市あおぞら館(農村文化研究所敷地内)着→おやつ→外遊び→12時現地発→13時イオン着→13時20分国体着
◇持ち物:着替え、甘くない飲み物、軽食
◇定 員:親子10組
◇参加費:親子1組500円(初回無料)、任意で:日帰り保険ひとり200円(又は年間保険ひとり800円のスポーツ保険)
◇申し込み先:以下、青空保育たけの子辺見までメールか電話でお申し込みください。
◇申し込み締め切り:それぞれの活動日の前日まで(日帰り保険に入る場合は3日前までにお願いします)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
NPO法人青空保育たけの子 辺見妙子
070-6495-6920(willcom)
080-3347-7126(softbank)
tae-elyzion@mbg.nifty.com
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2013.10.02 Wed l ●すくすくたけの子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
NPO法人青空保育たけの子では2014年の園児を募集しています

米沢市の方でも福島市の方でも、幼児期に自然の中でたくさん遊ばせたい!という方は大歓迎です。
実際、スウェーデンのパトリック・グラーン博士の一般的な保育園と野外保育園に通う子ども達の比較研究によれば、
●創造性
●健康
●運動神経の発達
●集中力
(管理された環境が子どもの集中力を低下させるということです)
などあらゆる面で野外活動と園庭の環境が子どもに大きな影響を及ぼしているということが明らかだと主張しています。(「幼児のための環境教育」より)

入園は随時可能です。
まずは見学したいという方は代表の辺見までご連絡ください。

リーフレット1003
2013.10.02 Wed l ●募集要項 - サテライト保育 - l コメント (0) トラックバック (0) l top