わたし達がお借りしている「あおぞら館」は広井郷幼稚園の元園長遠藤康子さんのご自宅でした。その遠藤康子さんは昨年8月7日66歳の若さで癌でお亡くなりになりました。
 8月11日、今年2回目の第4回たけの子夏キャンプ終了の翌日、康子さんの「おわかれ会」が米沢市の告別式場ナウエルで執り行われました。


わたしは一度もお目にかかったことはなかった康子さんでしたが、お兄様の農村文化研究所理事長遠藤宏三さんら親族の方々や交流のあった方々のお話しを聞くにつれ、本当に私心なく、子ども達や地域のために尽くした方だったのだなと改めて知りました。そのような高邁(こうまい)な方であると知らないとはいえ、わたし達はその方が亡くなって間もなく、ご遺品などは徐々に整理したいと思われていたかもしれないご親族のお気持ちを無視し、12月には使わせていただきたいと整理を進めてしまいました。康子さんの清らかな精神を思うと、自分の思いやりのなさを更に恥じ入るばかりです。
 「おわかれ会」は康子さんが音楽が好きだったということで、3人の方がそれぞれ、歌や楽器を演奏してくださるという心のこもった会でした。その中でも、遠藤理事長が吹いてくれたハーモニカの音色は特に心に沁みました。康子さんがお亡くなりになる前の最後の面会の時も演奏してさしあげたそうです。

 その後の会食の際わたしは、農林水産大臣をなさった遠藤武彦氏(通称エンタケさん)のお隣に座らせていただきました。上座も上座…。本当に不調法なことでしたが、理事長の進めとあってはお断りすることもできず、非常に恐縮しながら座らせていただきました。
 そのエンタケさんから「そんぴん」と「かんくらい」ということについて教えてもらいました。
 「そんぴん」というと損して貧すると書き、大抵は変わり者というぐらいの意味に取られているが元々の意味はそうではない、というのです。
 昔(紀元前4世紀頃)中国の孫という卓越した人物がいました。しかし、同じく兵法を学んでいた同僚におとしめられ、「臏」(ぴん)という足切りの刑を受けることとなってしまいました。その後その様な逆境にもめげず、身をたてて数々の戦いで軍師として勝利を収めます。つまり、どんな逆境にあっても己を見失うことなく、周囲からは変わり者と言われても自分らしく生きる人のことを「そんぴん」というのだということでした。なるほど…です。エンタケさんもそうですし、康子さんもまたそんぴんであったのだと思いました。
 遠藤理事長はわたしのことを「康子の生まれ変わり」と言ってくださいます。比べようもありませんが、そういっていただけるのは有難いことです。また、わたしも旧姓は遠藤ですので、浅からぬ縁(えにし)があるのかもしれません。
ついでに「かんくらい」という言葉も食事の際親族の方から飛び出していました。かんくらいとは「しょっぱいものだけとか甘いものだけ食べる人」という意味があるようです。つまりこちらも頑固者、変わり者、という意味があるみたいですね。それと共にエンタケさん曰く、鈍い人っていう時も使うみたいです。「こんなこともわからないなんて、かんくらいなやつだな。」とか…。
 わたしが「上杉鷹山公の教えが米沢には生きていますね」と言いましたら、「鷹山はもともとは九州宮崎の出身。あの教えは東北に息づいていた教えを感じ入って広めたのだ。」と教えてくれました。なるほど、です。雪国米沢(置賜地区)に伝わる人々の知恵。自然に屈せず、共に生きてきたたくさんの知恵があの言葉に含まれていたのですね。

成せばなる、成さねばならぬ、何事も
成さぬは人の成さぬなりけり。

 米沢の山の木は、たいがいまっすぐ立っていません。まがっています。雪の重みに耐えかねて曲がっていることが多いのです。
 でも、その木は子ども達にとってとても登りやすいのです。わたしはそれがこの米沢の人達の温かさを象徴しているように思います。まっすぐ、己を貫くだけが本当の優しさではないということです。時には重圧に押しつぶされ、ひしゃげたり、曲がったりしてしまうかもしれません。でも、それは人に優しくなるために必要なことなのだと思います。わたしも「そんぴん」な人になりたいなと思います。え?もう、十分なってるって…? どういう意味?  もう!  辺見妙子 
スポンサーサイト
2013.08.29 Thu l ●たけの子だより l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月30日(金)
1月ぶりの英会話。今日からはパクシトンさんが教えてくれます。



秋野菜を植えるため、夏野菜の最後の収穫。
小雨がパラつく中、ジャガイモ掘り。


長尾さんの研修は今日まで。
なので、まゆちゃんとぎんがくんも今日まで。
1週間で大分ふたりとも焼けた気がします。
ちょっとだけど、たくましくなったかな。
また、遊びにきてね。

月曜日はまた、畑の日。
ご飯も炊きます。
あ、今日はスイッチ入ってなくて、ちょっとあせったんだんよー、は、や、さ、か、さーん!

8月29日(木)
ぎんがくん、木登り挑戦!

登るよりも降りる方が本当はたいへんなんだよね。

今年最後のプール!
でも、ノリはイマイチ。


園に帰ってから、はるきくんも木登り。

ずいぶん高くまでのぼったねー。

ご飯を食べてから、園にあるプールの片付け。
大人が働くわきで、子どもたちは手伝ってんだかじゃましてんだか…。


今日は懇談会もあり、それぞれのママ達がきていて、いつもの子ども達とまた違いました。
ときどき容赦のない応酬がぼっ発…。
ママの前だと気が大きくなるのかな~。

8月28日(水)
わらべうたで遊んだ後、近くの川原へ。
ジッとしてると小さい魚が見えてくる。
でも、つかまえられなかったねー。


秋になると茶色になるオナモミもまだ緑。
おうちの人にお土産いっぱいできたね。


今日のオヤツはスイカパフェ。スイカはあんまり甘くなかったなー。

8月27日(火)
午後から雨降りの予報でしたが、今日も一日晴天でした。
朝がた雨が降ったと聞きました。
米沢市営プールにバスでみんなで行くと、他園のみなさんも遊びにきてました。
はるきくん、ビート板を両手にもってみたら、浮けたので、足もバタバタさせて、前に進むことができました!
やったねー。
途中、からだが冷たくなったので、ちょっと一休み。


午後は園に戻り、ぎんがくんとまゆちゃんはまた虫捕り。
たけの子三人組はそのへんのもので音楽隊ごっこをして遊びました。


はるきくんとぎんがくんがなれてきてだんだん一緒に遊ぶようになってきました。
ツリーハウスに登れる二人は小さい子たちのあこがれのようです。

8月26日(月)
今日から2学期!
8月は2回キャンプがあり、あつきくんもお盆休みの週以外はたけの子に来てたので、本当は久しぶりーという感じではないけれど、やはりそこは新学期。
全員が顔合わせる大切な始まりの日です。

今日から1週間、養護教諭の長尾さんが埼玉からボランティアに来てくれることになりました。
お子さんのまゆちゃん、甥っ子のぎんがくんも一緒です。

いつものモーニングミーティングの後、わらべうた3つ。
「ほたるこい」「おじいさん、おばあさん」「ぎっちょー、ぎっちょー」
知らない曲がいきなりでて来て、子どもたちのノリはいまいち。
でも、帰りのバスの中でそらくん、「こめつけやろー」とぎっちょーぎっちょーを繰り返しやって帰りました。
心に残ってるんだなーと思いました。

たけの子の3人はプールにドボーン!
水遊びで大はしゃぎ!


そらくんは、はだかんぼーでかけっこ!


まゆちゃんとぎんちゃんは虫捕りに夢中!
バッタ、何度も捕まえたね。


http://www.youtube.com/watch?v=BPVikJjFiMA

今日は半日保育。
とれたてきゅうりやお菓子にジュースでおやつパーティでした。
2013.08.26 Mon l ●保育日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回は子ども達が創造的に遊べる場所の提供という観点から「創ってこわす」ということを主に活動したいと思っています。
廃材(木材)を使った自由なモノつくり(最後はこわしちゃう?!)や、焚き火を自分達でおこして食べ物を作ったり、ドラム缶や太鼓をたたいてセッションしたりということを予定しています。

そして大人はゆったり焚き火を囲んで焼き芋でも…?


◇日時:9月14日(土)
 8時半:国体記念体育館集合(無料送迎バス)→
 9時半:米沢市ソトデアソビタイベシタ着
 10時~廃材コーナー、焚き火コーナー、音楽コーナーにわかれてそれぞれ活動。
 ○焚き火コーナーでは、バームクーヘンを焼いたり飯ごう炊飯をしたりします。
 12時~昼食(お好み焼き)
 13時~森のムッレ教室(幼児向け)、焚き火座談会(大人向け)、午前中からの継続遊び
 14時半:米沢市発→15時半福島着予定
◇場所:米沢市ソトデアソビタイベシタ
◇内容:各コーナーにわかれて子ども達が主体になって遊ぶ,森のムッレ教室,焚き火座談会
◇持ち物:着替え、タオル、甘くない飲み物(甘いと虫が寄ってきます)
◇定員:24名
◇参加費:大人1500円,子ども無料 (昼食代 材料費込み)
(子どもだけでの参加の場合は大人の参加費をいただきます)
 任意ですが、日帰り保険ひとり200円又は年間保険ひとり800円のスポーツ保険の加入をお勧めしています。
◇申し込み先:以下の連絡先までご連絡ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
NPO法人青空保育たけの子 辺見妙子
070-6495-6920(willcom)
080-3347-7126(softbank)
tae-elyzion@mbg.nifty.com
http://aozoratakenoko.blog28.fc2.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

2013.08.23 Fri l ●たけの子自然学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月9日(木)
今年2回目のたけの子夏キャンプが始まりました。

まずは畑でインゲン、トウモロコシ、ジャガイモを収穫したあと、あおぞら館周辺を自然観察。

さっそくセミを捕まえて満面の笑顔。


もってきたオニギリを食べ、オヤツの時間まで間があったので、近くの川原まで男の子二人を誘って、うちのゴールデンレトリバーと一緒に川遊び。


オヤツは、前回と同じ、焼きマシュマロ。
使い慣れてないナイフだけれど、自分で削った棒に刺して焼いたマシュマロはまた格別の味。



ちょっと、食べすぎ…?

夕食はパエリア。
大きい子も小さい子も一緒に力を合わせ作ります。


だから、おいしいんだよね~。


一日目のおわりはナイトハイク(肝試し)!

一番大騒ぎしながら行ったのは、男の子二人組の弟くん。
ルール違反をして、電気をつけたので、スタッフにこっそり電気を消されるというお仕置きつき…。

でも、なんとかみんな無事にご褒美のジュースはGETしてこれました。

8月10日(金)
二日目は待望のソトデアソビタイベシタでの川遊び。

男の二人を連れて、先にピザのかまどに火入れ。

煙が目に入って悪戦苦闘中!


具を好きに乗っけて、後は焼けるのを待つばかり。


焼けるまで時間がかかるので、先に少し川遊び。


http://www.youtube.com/watch?v=F8viELgvKCk

草笛の音が鳴って、あっちゃんちょっと自慢気。


http://www.youtube.com/watch?v=E7JV2_X7HsU&feature=youtube_gdata_player

カヌー体験では、大きい子は自分達で漕がせてもらいました。


スイカ割りもみんなで!
今回は何度でもできるように、軽いバットで。


でも、さすがに何度も叩かれて、スイカにヒビが…。
大っきなスイカもあっという間にみんなのお腹の中に入りました。

おいしいおいしいカレーの後は、キャンプファイヤー!

それぞれの家族の出し物、工夫されていて面白かったです。
特に、ジャンケンで負けた人が変な顔にされちゃうというゲームがあり、負けた子達は顔に落書きされてたのがおもしろかった~
(すぐおちちゃうペンだったけどね。)


一番変な顔にされた人は、ニガーイジュースを飲まされて、踏んだり蹴ったり。

先週は火がうまくつかなくて消えてしまったけれど、今回は大成功!
炎がみんなを照らしてくれました。


最後に花火で締めくくり。


二日目の夜も更けていきます。

子ども達とキャンプファイヤーの残り火をみながら少しの間本音トーク。
みんな悩んでいるんだね。

テントにセミが羽化しているところを見つけた子がいて、教えてくれました。
真っ白なセミ。
命の神秘です。
明日から3日間、命の限り、鳴くのだろうな。


8月10日(土)
朝食はねじりパン。
自分のパンは自分でつくってやくよ。


丸二日間完全燃焼で、子どもも大人もかなりダラダラしてきました。
かなり暑かったものね~。

陶芸の時間、それぞれ思い思いの作品を仕上げていました。


自分が作った作品をもっとイジリターイと泣いてた子にカメラを向けたら、ポーズ!と笑顔に。かわいいー。


3日間皆さんお疲れ様でした。
また来年もきてみたいと言っていただき、うれしかったです。
支えてくださっているすべての人にありがとうございます!

子ども達が家庭で社会でマルごと受け止められますように。

神様が与えてくれた 火 を大切にできますように。
2013.08.10 Sat l ●たけの子自然学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月1日(木)
米沢のあおぞら館にてたけの子夏キャンプの始まり!

まずは、たけの子の畑に行って食材ゲット!

ジャガイモ、インゲン、トウモロコシ、長ネギ、ニンジン…。


はなちゃんは小学2年生。
福島から一人で参加です。

あおぞら館に帰って、自然観察。
12枚の写真を頼りに、いくつ見つけられるかな…?




セミさん、なんのご相談?


オヤツは焼きマシュマロ。
木の棒をナイフで削ってさしやすくします。
ナイフを知らない子どもたちのために、やりたかった活動です。



自分で焼いたマシュマロはおいしかったです!(^-^)/

ついでにもぎたてのトウモロコシも焼こう!
しょう油つけた方がおいしいよ~。
と悪ノリの大人たち…。

でも、本ッとにおいしかった~!!

テントは自分たちのおうち


夕食準備は大人も子どもも一緒に。


自分たちで作らないと食べるの遅くなるよ!
遊んでた子どもたちも包丁を持って一緒にトントン。


手際が悪くて時間かかっても、多少形が悪くてもいいんです。

メニューはパエリアと野菜のスープ。
自分で切った野菜、入ってる?


夜はナイトハイク。
お墓の前の「たけの子」の名前入りの石と、民族資料館の中のジュースを取ってくるのがチェックポイント。


誰もおどかしてないよー。
だっておどかし役は人じゃないもん…ウヒヒ…。

時々ほんの少し雨がポツポツ降ったけど、活動には問題なかったです。
福島はけっこうふっていたみたい。
明日は晴れて、川遊びができるといいなー。

8月2日(金)
当番で火を起こしてごはんを炊いて、みそ汁もみんなで作りました
お腹が空いていても、作らないと食べられないんだよねー。

お昼のピザの生地を準備。
みんなでコネコネ。


バスで移動し、ソトデアソビタイベシタへ。
お昼はみんなでピザを作って食べました。


時々やってくる雨に特大のタープを張っての作業。
まるで水の中みたい…


雨降りでも、子どもたちは全く関係なし!


いよいよ川遊び!
水は本当に冷たかったけど、川でおよぐのは特別!
楽しかったね~。
でも、小さい子にはちょっとハードルが高かったかな…


一番はしゃいでたのは大人たち…だったりして。


ドラム缶風呂でホッと一息。


オヤツも兼ねたスイカ割り。

http://www.youtube.com/watch?v=4AuAvkcjLuk

はるきくん見事に命中!


たけの子の畑で取れたスイカ。
甘くておいしかった~


今日の夕飯のメニューはカレーライス。
なんでこんなにオイシインダロウネー


夜はキャンプファイヤーと花火。
火の神さまから火をもらった子どもたち。
人に特別に与えられた火を大切にしようね。

8月3日(土)
最終日。
朝食はねじりパンとベーコンエッグ。
自分のパンは自分で焼こう!


テントを撤収した後は、締めくくりの陶芸作り。


それぞれ思い思いの作品が出来上がりました。
焼き上がりが楽しみです。

3日間、作って、食べて、遊んで、また作って…の繰り返し。
食べ物が本当においしかった~
火を使っての調理、人間の基本に戻れた気がします。

参加者の皆さんはどうでしたか?
子どもたちがだんだん自主的になっていってくれたのがうれしかったです。
2013.08.02 Fri l ●たけの子自然学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top