三学期が始まり、子ども達にとっては待望の雪遊びに日々明け暮れています。
雪の落とし穴を作って保育者を落とし、笑ってみていたゆうまくんでしたが、楽しそうに見えたのでしょうね。自分もソリですべって落とし穴に落ちてみました。それがまた楽しそうで、みんなも次々落とし穴へ。
最初はソリすべりに慎重だった子ども達もだんだん大胆になり、ジャンプ台をつくったり、うつぶせにすべるペンギンすべりをしたり、二人乗りをしたり。雪国の人にとっては生活を困難にする雪でも、子ども達にとっては自由自在に変化する遊び道具です。
 さくら子ちゃんは雪かきのスコップをソリがわりにしてすべることをあみ出して楽しんでいます。子どもは本当に遊びの天才ですね。しかもそのスコップに立ち乗りでボードすべりまでしてしまうのですから、すごいです。
最初は園の裏の屋根から落ちた雪をゲレンデにしていたのですが、それに飽き足らず、すぐとなりにある排雪場所をゲレンデにし、今はもっと急な斜面をすべっています。雪がドンドン降ってきても園の中だけにいるという日はありません。どんなに吹雪いていても必ず外で遊びます。 
福島でたけの子をしている時、冬の間外にいる時間を少しでも長くしようと思い、七輪を出して炭を焚いていましたが、米沢にも持ってきて、おやつの時間に活用しています。お餅、ねじりパン、焼きマシュマロ。どれも子ども達の大好きなおやつです。
たけの子の給食は子ども達を一緒に作って食べるのですが、ポトフとねじりパンを作った時、ゆうま君は「前に作った時、木の味がしておいしくなかったから作んない」と言って、最初はねじりパンをつくりませんでした。でも、無理強いせずに様子見ていたら、みんなが作るのをみてやりたくなったのか、自分も作り出し、しぶしぶながら七輪でねじりパンを焼き出しました。「焼きたてはおいしいからちょっとたべてごらん」というと疑いながらも食べてみると「おいしい」とにっこり。この日は玄関で七輪を囲みながらの昼食となりました。火を見ているとなぜか安心してきますよね。それは、大昔、火が人間を守ってくれたからだと聞きました。火を使えるのは人間だけですものね。
この前ふとゆうまくんが、「ぼく、米沢にきてから病気してない」と言っていました。「前は、よくおなかをこわしてくすりのんでたんだ」と教えてくれました。こんなに毎日雪まみれになって遊んでいるのに子ども達は風邪をひきません。毎日外遊びをすることで子ども達の免疫力は高まっていることは間違いないです。そして、心もたくましく育っているようです。
今月はスキーやスケート、工場見学にもでかけようと思っています。スキーは、栗子国際スキー場の顧問の方から直接お電話いただき御招待いただきました。本当にありがたい限りです。十二月にサンタさんがきてくれたという新聞記事を見て、わたし達の園を支援してくださることになったのです。
毎日、わたし達保育者が福島から通うには雪や風の影響があり、時には困難を極めます。しかし、子ども達の笑顔を見るとそんなことは一気にふっとんでしまいます。たけの子をやっていて本当によかった。そう思いながら日々保育をしています。     (辺見)
スポンサーサイト
2012.02.12 Sun l ●たけの子だより l コメント (0) トラックバック (0) l top
1月のご寄付ありがとうございます。

池田幸子様、
坪内恵子様、
ナカムラミチヨ様、
前川知子様

皆様のご寄付は、福島ー米沢間の交通費、園の灯油代、保育費の補助に使わせていただいております。
今後ともよろしくお願いいたします。
2012.02.07 Tue l ●ご支援のお願いと御礼 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2月29日
羽根つき遊びから、フーセンつきに。


やっぱり外遊びは欠かせない。
「へんみさんのとこまでジャンプする!」


2月27日
でん六蔵王の森工場見学。
写真撮影禁止だったので、子ども達が真剣に覗いている様子は取れず…。
でんちゃんと、こだわってるアジとの記念写真。


工場見学の後は相変わらず外遊び。
工場敷地内の豆山で崖滑り。




2月24日
陶芸の先生、原田さんに教わって茶碗作り。それぞれが個性豊かに仕上がりました。


親子参加のみんなと外遊び。
かわいい雪だるまができました。


2月23日
スケート場作り二日目。
水運びは三人で協力。
「よねざわスケートじょう」の立て札もたてて、本日オープン!


地面の雪の上にできた、不思議な穴。
なんだろね、ヘビの穴かな…?


2月22日
モーニングミーティングでゆうまくんのやりたいこと、は「スケート場作りたい!」
氷にするには水をまけばいいと吉村さんに教えてもらい、うんしょうんしょまずは水運び。


そりとシャベルで固めて…。


水を流して…。
あ、ちょっと氷になった!
明日また続きをやろうね。


2月21日
スケート、2回目!
でも、ゆうま君は初スケート。
それでもうこれだけできるようになりました。
負けず嫌いだものね。


2月20日
仙台の動物園に親子遠足。
電車に乗って仙台駅から路線バスに乗って、張り切って降りたら…、なんと月曜日は休園日!
皆さん、ごめんなさい
それで、急きょアンパンマンミュージアムへ行くことに。
それでも子ども達は大満足。…だったからゆるしてー






美味しそうなパンがづらり。
1個300円也。ちと高い


帰りの電車は車掌さん気分。


2月17日
今日の給食は切り干し大根入り味ご飯とかぼちゃのコロッケと味噌汁。
まずはお米とぎから。
水、冷たいねー


味ご飯と味噌汁に入れる野菜をトントン。
味ご飯には人参の千切りを入れなきゃね。
お味噌汁の大根、厚めのもあり。うまく煮えるかな~


かぼちゃコロッケの衣つけ初体験。
小麦粉をといたものの中にドボンと入れたら、パン粉をつけるんだよ。
手が汚れる、といやがるかなと思ったら、みんなで競って作ってた。こういうの好き?
爆発しそうだったから、ぎゅっと成形しておきました。



取材にきていたフランスの方が「フランスのレストランよりおいしい!」というほどおいしかったです。
たけの子で売り出しちゃう?


2月16日
米沢市児童会館にてプラネタリウムを見学。
冬の星座と「なでら山のきつね」のお話し。「手袋を買いに」の米沢バージョン。
ゆうまくん、「かわいそうな話しだった」との感想。お父さんぎつねが何も悪いことをしていないのに、人間につかまったからみたい。福島にいるパパのことを思い出したかな?


でも、その後は病み上がりにもかかわらず、「外に行く」といい、雪の上杉神社を元気に探検

2月15日
福島から一時保育でお預かりの男の子、そり滑りを思いっきりできて、「たのしー!」と叫んでた


2月14日
バレンタインデーのお菓子作り。
マシュマロ焼いて、ビスケットではさんで、チョコを、ちよこっとつけて完成!
いつもお世話になっている農村文化研究所の方達や、運転してくれる間野さん、吾妻さん、そしてみんなのパパ、休んでいるゆうまくんへ。


残ったチョコはふたりでペロペロ。


2月13日
栗子国際スキー場さんが無料でご招待してくれたので、たけの子初参加の親子連れ3組と共にスキー初体験!
楽しかったね!!



2月10日
初めてのスケート
運動神経のいいさくらこちゃん は、ラビットをおしながらあっというまに滑れるように


今日ははるきくんは押すよりも、乗る方がよかったみたい


2月8日
外遊びをしぶっていた子ども達だけど、いざ外へでれば今度は中に入りたくなくなるね。
雪合戦、井上さんが結構あてられてた。
福島から初めて親子参加したひろむ君も本当に楽しそうでした。


2月7日
久しぶりでたけの子に来たはるき君のために、自分で考えた戦隊キャラクターの絵を書いてあげるゆうま君。
ゆうま君は たいようせんたいけんぎまんレッド、
さくらこちゃんはけんぎイエロー、
そしてはるき君はけんぎブラック。
わるもの ぞりかーをやっつけよう!


2月3日
今日は豆まきと太巻き作り。
新しいお友達も3組親子で参加。
自分で好きな具材(鮭、椎茸、かんぴょう、卵焼き、凍み豆腐)をいれて巻き巻き。


園のとなりの排雪場の雪のがけから滑り降りるゆうまくんとさくらこちゃん。すご~い!


2月1日
ゆうま君がトレーで作ってきたロボットがあんまり上手だったので作り方を教えてもらうことに。
ダンボールの硬いところはカッターで初めて切ることに挑戦!
二人とも慎重に切れて上手でした


おやつは七輪で焼きマシュマロのリッツサンド。
周りはカリッと!中身はトロリー。
桜子ちゃん、お気に入り
2012.02.01 Wed l ●保育日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top