3月1日信夫山の今井さんのうちまでえっちらのぼった後
        お昼を食べ、あったかい部屋の中でふざけて遊ぶ子ども達。
        DSCF0714_convert_20110309074524.jpg

3月3日ひな祭りのおやつ作りで桜餅に挑戦
        桜の葉っぱも完食したね。
        おいしくできて、お母さん達にも好評でした。
        DSCF0716_convert_20110309075209.jpg

3月4日原田さんのところで手ひねりの陶芸作り。
        なすの型に入れたり、はっぱの葉脈で飾りをつけたり・・・。
        あまった粘土で思い思いのコップも作りました。
        DSCF0722_convert_20110309075823.jpg

3月7日みぞれ雪の中あづま運動公園トリムの森へ
        子どもって寒さなんて関係ないのね~~
        DSCF0736_convert_20110309080856.jpg

3月8日十二御前山で蓬莱里山ふれんずの皆さんの森の整備を手伝う。
        子ども達は枝拾い。
        春にはカタクリの花がいっぱい咲くんだって。
        楽しみだね。
        DSCF0742_convert_20110309081451.jpg

3月9日お庭でにじみ絵。
        あたまの中でたくさんイメージふくらむネ。
        DSCF0750_convert_20110314145404.jpg

3月10日味噌作り。
        お母さん達に混じって大豆を手作業でつぶす子ども達。
        秋にはおいしいお味噌が食べられるね。
        DSCF0762_convert_20110314150954.jpg

3月11日東日本巨大地震。
        マグニチュード9という観測至上最大の地震がこの日起こりました。
        つい昨日まで、いいえ、ついこの日の午後まではいつものように
        子ども達と泣いたり笑ったりしていたというのに、
        一瞬にして 世界は変わってしましました。
        幸いに、子ども達と保育者の家族は全員無事でした。
        でも、さらに原発の問題がこの先重く横たわっています。
        子ども達を自然の中でのびのびを育てたいという
        わたし達の望みは叶わないのでしょうか。

        わたし達が描く世界は理想の世界かもしれないけれど、
        大人が夢を描けない社会に未来はないと思います。

        あきらめず、また4月から新たなスタートです。

        


        
スポンサーサイト
2011.03.09 Wed l ●保育日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 デンマークで1950年代に一人のお母さんが仲間と一緒に始めた森の幼稚園。想いは「子どもたちを豊かな自然の中で育てたい」というシンプルなものだったそうです。やがて取り組みが大きくなり、社会的にも認められるようになると、自治体が動き、お母さんさん達の活動が行政の運営として行われる公立の幼稚園へと形を変えていったのです。こうした国をあげての森の幼稚園に対する評価と必要性を理解した支援が森の幼稚園をデンマーク全土へと普及させ、さらにヨーロッパ諸国への広がりを見せたのです。スウェーデンの「森のムッレ」もちょうどその頃のようです。
 しかし、そこには1800年代から始まる、グルントヴィという人物の農民解放の運動があったのです。
 彼によれば、ブルジョアジーが政権を取ったにせよ、彼らがアカデミックな教育を誇り、優秀な官僚となって、無学な農民たちを支配したところで、事態はいっこうによくなりはしないというのです。国民の大多数を占める民衆(農民)こそが、高いレベルの学問を身につけ、覚醒しないかぎり、『少数の如才ない小りこうな連中』が政権を意のままにし、民主制を形骸化してしまいます。
 農民や手工業者、商人などを含む民衆と、将来の官僚や学者となるべき者がひとつところに住み、互いに知り合い、働きかけあう場所があってはじめて、議会制や民主制は意味を持つのです。いいかえれば、よきデンマークの社会をつくりうるのにふさわしい民衆が育成されなければ、民主制は衆愚政治に陥るというのが彼の長い歴史研究から得た感覚でした。日本の国でももっとこのような考えが広まるといいですよね。彼は「生のための学校」という本を書いていますが、その理念に基づきフォルケホイスコーレ(民衆自由学校という意味でしょうか)を設立します。しかし、当時運営はうまくいきませんでした。その後グルントヴィの意志をついだのがクリスティン・コルです。かれはフォルケホイスコーレの実践に最大の寄与を果たした人物です。
 現在でも、グルントヴィはデンマーク人だったら誰でも知っている偉大でとても親しみのある人物です。そして、フォルケホイスコーレも健在で、かつて農民が学びやすいようにと設定された数ヶ月(農閑期)のものから、普通の幼稚園小中学校そして大学と種々様々です。大人のためのフォルケホイスコーレはどこの国からでも受け入れています。現在デンマークに100校あり、特色は、試験というものを絶対にせず、単位や資格の付与もなく、教師と学生が寮で共同生活をし、書物よりも対話を中心に、生そのものを学び、社会性を自覚するということがあげられます。そのために『自由学校』『生のための学校』と呼ばれています。それを政府が援助している、というのですからさらに驚きです。
 これらのことは清水満著「生のための学校」に書かれているのですが、わたしはそれまで、大学に行くのは社会に出てから役にたつ職業でなければ意味がないと思っていました。親のすねをかじってお金を浪費していると。しかし、グルントヴィが言ったように、民衆にこそ教育は必要なのです。日本の若者が高学歴でありながら、政治に興味がなく、自らの国を良くしようと考えているとは思えないのは、知識一辺倒の詰め込み式教育にあるのではないでしょうか。
 今のデンマークが子ども達を始め真の教育に熱心なのは、民衆の長い歴史があったからです。荒唐無稽(こうとうむけい)な夢のような話しかもしれませんが、わたし達から小さな一歩を踏み出して行きましょう。
 今年、もとい君はスケートの時、リンクを何にも頼らず滑れるようになりました。去年はほとんどイスから降りなかったことを考えるとすごいことです。技術が向上したのでしょうか。もちろん、日々外で遊んできたことで体力は上がったでしょう。でも、それ以上に彼の心に中に生まれた変化は大きかったと思います。
 また、2月のスケートの時、お昼ご飯を食べてから皆でわらべ歌を歌いながらオニゴッコをしていました。するときみちゃんが「わたしもオニやる~」と言って上手にオニの役割をしてくれました。3歳10ヵ月になったきみちゃん。落ち着きがなかった彼女ですが、少しずつ皆とルールを守って遊べるようになってきました。
 他へ行った時や、誰かをお招きすると、子ども達が静と動の使い分けがきちんとでき、「ごめんなさい」が自分達でできることを驚かれほめられます。自慢の子ども達です。子ども達ひとりひとりの成長を見つめていると、記録を取ることでわたし達も様々な発見をします。だから保育はやめられないです。たけの子は今日も「自然の中で五感を磨き共に成長」しています。
2011.03.03 Thu l ●たけの子だより l コメント (0) トラックバック (0) l top