3月1日信夫山
3月2日プール
3月3日ひなまつり 〈さくらもち作り〉
3月4日陶芸
3月8日小鳥の森
3月10日味噌作り
3月15日十二御前山
3月16日お話し会,入会者説明会,バザー
3月17日お店屋さん給食,懇談会,バザー
3月18~19日こぶし荘でお泊り会&終業式
スポンサーサイト
2011.02.18 Fri l ●保育予定/カレンダー l コメント (0) トラックバック (0) l top
2月1日雪の日の信夫山。
        文化センターで集合。まずは除雪の雪山登り。

2月2日今日のおやつはわりばしをカッターで削ってマシュマロを刺し、七輪の
        火で焼いてクラッカーではさんで食べた。
        前から子ども達にカッターを持たせたかったので、おやつ作りで目的を
        はっきりと。
        早くできた子もあとからじっくり取り組む子も、それぞれのペースで
        わりばしを削って焼いたマシュマロは大満足の味。
        「おいし~~い
     DSCF0633_convert_20110211220813.jpg
 

2月3日佐久間邸に鬼が出た
        突然の鬼の出現に子ども達は必死で豆をぶつける。
        吉村さんが連れていかれそうになってさらにビックリ
        鬼が出て行った後、絵本「桃太郎」のお話しに「すごーーい」と関心。
        鬼と戦ったあとだったものね
       
2月4日小鳥の森でかまくら作り。
        大きなシャベルを使って除雪の雪山に穴を掘る。
        子ども一人ならなんとか入れた

2月7日信夫山の冒険の森
        ターザンロープにはまる子ども達。
        うれしくって つい おたけび
        
2月8日小鳥の森のかまくらの屋根に穴を空けてのぞいてみる。
DSCF0651_convert_20110301071605.jpg

        
2月10日あったかいごとやのからもらった風船。
        そらちゃんの分が帰る時見つからなかった。
        そら「そらちゃんの風船、どこにいっちゃったのかな~」
        きみ「オニがもっていっちゃったんじゃない?」
        そら「オニさんもふうせんすきなのかな~?」
        きみ「わたしはウルトラマンに変身(してオニをやっつけ)するの
        こわかったオニさんのこと、忘れられないね。

2月14日信夫山の冒険の森に行く途中、遊歩道で水遊びをする子ども達。
        みんなの先頭を行くのはもといくん。
        DSCF0657_convert_20110219134649.jpg

2月15日昨日降り積もったばかりのに会いに蓬莱の十二御前山へ。
        みんなが雪で遊ぶ中、そらちゃんはずーーっとシートから動かない。
        でも、意を決してすべってみた。
        「そらちゃん、そりどうだった?」
        身体を上下させながら「楽しかった」と満面の笑顔。
        その後はきみちゃんと仲良く雪遊び。
 辟。鬘・24bit繧ォ繝ゥ繝シ-01_convert_20110219135622 DSCF0671_convert_20110219140543.jpg

2月16日福島大学児童研究会影絵部の皆さんによる影絵をみんなで観た。
        「影絵ってな~に?」という子ども達。
        おねえさん達の軽快な演技にだんだん引き込まれていく。
        最後に体験までさせてもらって、本当に楽しく、いい経験をしました。
DSCF0682_convert_20110219140853.jpgDSCF0688_convert_20110219140948.jpg
DSCF0683_convert_20110219141032.jpgDSCF0687_convert_20110219141121.jpg

2月17日太平寺公園で葉っぱを見つけ、ルーペでのぞくきみちゃん。
        何が見えたのかな・・・。
        帰り道、ちっちゃな水たまりを見つけ、手を入れてみる。
        「つめた~~い。」
        つないだ手はキラキラひかってた。
 DSCF0689_convert_20110219142112.jpg DSCF0691_convert_20110219142159.jpg

2月21日国体記念体育館でお話し会を聞いた後、さくら堤でお昼
        「いい石見つけた!」「これでシートとばない」と手ごろな石を4つ拾う
        もといくん。
        それをまねするみんな。
        「ねー、手伝って~」ともといくんが運んできたのは大きな大きな石!
        なんか力太郎みたいだね。
        DSCF0692_convert_20110301072517.jpg

2月24日小鳥の森を散歩している時、そらちゃんがきみちゃんに
        「そらちゃんだっこしてあげる!」といってだきついた。
        そのあとすぐコテンと横倒し・・・。   
        「おもかったよ~」って。そりゃそうだよね。
        辟。鬘・24bit繧ォ繝ゥ繝シ-01_convert_20110301073040

2月25日今年のスケート2回目。
        1月に来た時はいすからおりなかったしゅんやくんもなおくんも
        いすを押してチャレンジ
        もといくんはスイスイ。
  DSCF0704_convert_20110301073854.jpg DSCF0701_convert_20110301073949.jpg
          DSCF0703_convert_20110301074057.jpg

同日スケートを滑り終わって、ロビーでオニゴッコ。
        「ひーやふーやのやまみちを~」とやりたい子が順番にオニをしていると
        「わたしもオニやる~~」ときみちゃん。
        ルールを守ってちゃ~~んとできたね
        辟。鬘・24bit繧ォ繝ゥ繝シ-02_convert_20110301075157

2月28日今日はもといくんの5歳の誕生日
        みんなでケーキを飾り付けてお祝いしました。
        もといくんは生まれて3日目で赤ちゃんモデルをしたんだって。
        そういえば今も面影が
DSCF0707_convert_20110301080134.jpg DSCF0712_convert_20110301080211.jpg


2011.02.11 Fri l ●保育日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近、きみちゃんはよく「イヤ!」というようになりました。身体全体を使って「イヤーー!」と叫びます。自己主張は1歳半から3歳にかけて「第1次反抗期」と呼ばれるように強くみられます。それは3歳から4歳半にかけて急激に高まり、その後はあまり大きく変化しないのだそうです。教育心理学概論によれば、「こうした自己主張は自分の意思を通せる場合と通せない場合を区別するうえで重要である。強い思いがぶつかりあうからこそ、他者の存在を感じ取ることができるようになり、自分がどのような意思を持っているのかという自己理解も深まると考えられる。3歳、4歳になれば、友達への配慮もできるようになり、『一緒に』といった言葉が出るように、自己の欲求を抑えて、他者と協力できるようになるのである。」つまり、自己主張は感情のセルフ・コントロールには欠かせない第一歩なのです。
別にけんかを推奨しているわけではありませんが、子どもが自分の気持ちに気付く前に大人がけんかを制止してしまうのは、子どもの発達にとって決して良い影響を与えるとはわたしは思えません。
思い返してみれば、なお君がたけの子に入ったばかりのころ、友達と物の取り合いになっても「イヤ」や「やめて」が言えず、小さな声で「ボクのなのに」と言っていたことが思い出されます。「イヤって言っていいんだよ。」となお君に言った時、小さくうなずいていたことが懐かしく思い出されます。今のなお君は知恵も使ってなんとか自分の主張を通そうとします。社会的視点調節能力と対人交渉方略に照らし合わせると、なお君はみんなより1つレベルが上のようです。一時期はやっていた「じゃー、○○くんとは明日あそばない」という言葉がそれで、なお君は他者変容志向の対人交渉方略を用い、暴力ではなく言葉による命令で友達を動かそうとしていました。そうなると友達は自己変容を迫られ、意志のない服従をする、ということになっていたようです。しかし、最近ではその言葉を口にすることはほとんどなくなったようです。それは、子ども達が従わなくなってきたり、時にその場から逃げ出すということで自分の意志を表すようになったからだと思います。もとい君のようにはっきりと自分の意見を話して「だからイヤ」という子も出て来ました。わたし達保育者はそんな様子を見守っていましたが、それでよかったのだと思います。子どもを大人の勝手な判断で裁くことはせず、ただ、自分の気持ちを話せるようにだけは指導してきました。
自己主張と関連して、大切なことがあるとわたしはこのごろ思います。それは、「自分の気持ちに気付く」ことです。自分はけんかをしても主張したいと思っているのか、さほどでもないのか、友達と一緒にやりたいのか・・・。それは自己主張の範疇にありながら自己抑制へとつながる段階ではないかと思います。たけの子に来たばかりの子は思い通りにいかないと大人に助けを求めます。それは友達のことだけでなく。そんな時、たいがいわたし達はすぐに手を貸さず「まずやってみたら」とか「自分で言ってみて」といいます。次第に子ども達は大人に助けをこわなくなりますが、それでも、こちらをチラッと見ることがあります。大体黙って見ていることが多いので、後は自分でがんばるかあきらめるしかないと思ってくるようです。
幼児期にそのように自己主張を経験してこないと自分の気持ちがわからない青年・大人になってしまうのではないでしょうか。「夢を持てない」「何がしたいのかわからない」。今の子ども達が抱える大きな問題です。子どもかわいさに大人がなんでも先回りして、人間通しぶつかることや折り合いをつけるという生きていく上での智恵を奪ってしまっているのではないかと恐れます。
三学期に入り、子ども達はちゃんと言葉でやり取りし合えるようになってきているので、わたし達保育者の出番はほとんどありません。きみちゃんとそらちゃんもぶつかりあいながらもお互いを気遣い、時に譲り合うという場面も見られるようになりました。全く対照的な二人なのですが、それがまたお互いの刺激になっているようです。特にそらちゃんは身体的にもかなりしっかりしてきました。「そらちゃん歩くの上手になったね」と声をかけると「がんばってるの!」という返事が返ってきました。そっか~、がんばってるのか~。そうだよね。まだ2歳だもん。きみちゃんも、最初お母さんと来ていたころとは見違えるほどです。ちゃんと手をつないで歩きます。友達と関わって遊ぶことも増えました。しゅんや君も大泣きすることが減りました。自己抑制ができるようになったのですね。後2ヶ月、子ども達の成長が楽しみです。
2011.02.11 Fri l ●たけの子だより l コメント (0) トラックバック (0) l top